体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[矢沢心さんインタビュー 第3回] 第2子出産後の長女の目覚しい成長を、頼もしく感じています

f:id:akasuguope02:20151023153804j:plain

3歳と1歳、2人の女の子のママである矢沢心さん。いつもお子さんたちとしっかり向き合い、愛情たっぷりのコミュニケーションをとっています。子育てしていく中で、スキンシップをとても大切にしているという矢沢さんに、2人のお子さんとの接し方について伺いました。

<<夫:魔裟斗さん編はこちら>>

――2人目のお子さんを妊娠しているとき、上のお子さんは2歳。まだ「抱っこして、抱っこして~」の時期でしたよね?

でしたねぇ……。私は普段すごくスキンシップを大切にしていて。空中に高く上げるような高い高いとか、肩車とか、普通はお父さんがするような遊びを私自身がしたくて、いろんなことをしていたんです。妊娠初期の頃は抱っこして遊んであげていたのが、だんだんできなくなる葛藤と、徐々にそれを教えていかないといけない部分がありましたね。「お腹に赤ちゃんがいるから、もうできなくなるんだよ」って説明をしていくうちに、長女はどんどんやさしくなって、お腹を撫でてくれたりするようになりました。理解をしてくれていたと思います。

――下のお子さんは今1歳ですよね。上のお子さんの赤ちゃん期との違いはどんなところですか?

長女はとにかく寝ることが大好きで、赤ちゃんの頃はほんとによく寝ていたんですよ。車に乗ったらすぐ寝る、ベビーカーに乗ったらすぐ寝る、抱っこしていてもすぐ寝る、だからどこに連れて行ってもすごくラクで。自分のことをやる時間を作ることができていましたね。あと、大人しかったです。新生児から数カ月目のとき、ベビーカーの中で寝かしていてパッと見ると1粒の涙を流して起きているんですよ。「えー! 起きているんだったら泣いていいんだよ!」って。声もそんなに大きくなかったですし。逆に次女は、声も大きいし、強いし、ずっと起きているし(笑)。現場に来ても一緒に遊びたがるし、ずっとキョロキョロしているんです。長女は基本ひとりのときはずっと考え事をしているような表情だったんですけど、次女はいつも笑っていて、朝起きてから夜眠るまでずっと笑っているような感じです。

f:id:akasuguope02:20151210221039j:plain

――2人目のお子さんの妊娠中に、上のお子さんの赤ちゃん返りみたいなことはありましたか?

それが、妊娠が分かる前に、急に1週間くらい「抱っこ、抱っこ!」「もう、ヤダ、ヤダ!」「ママ! ママ!」ってすごい時期があったんですよ! パパでもダメで、「どうして!?」って悩んでしまうくらいほんとすごかったんです。そのとき実は妊娠していて。そこが最大ですね。それから次女が生まれて退院して家に帰ってきたときに、長女は「私、ぜんぜん大丈夫だったよ」って感じなんですけど、赤ちゃんを見ると複雑そうな感じで、赤ちゃんに触れないというのが1週間くらいありました。トータルで2週間くらいですね。

――上のお子さんの甘えたい気持ちを受け止めることと、下のお子さんのお世話、そのバランスはどうやってとっているんですか?

「下の子はまだ分からないから預けてもいい」とか、「目線は上の子を見ながら下の子のお世話をする」とか聞きますけど、私はそんな器用なことができなくて(笑)。預けるにしても、次女は早い段階からパパ、ママ、お姉ちゃんっていうことを認識していたので、そういう意味でも難しくて。私がしていることは、長女からできることはするということと、ギューっと愛情表現をしたり、できる限り一緒にお風呂に入ったりしてスキンシップとること、ですね。「愛情注入させて」「お互いに注入しよう」って言いながら、よくギューってしていますよ。あと、長女はもうスプーンやお箸を使って自分で食べることができるのに、「食べられない」って言うことがあって。そういうときは甘えたいんだなと思って「アーン」って食べさせてあげたりします。でも、叱るときは叱りますよ。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。