ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【香港最新レポ】 香港スイーツの火付け役「糖朝」 日本の店舗との違いアレコレ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


香港のレストランといえば、真っ先に思い浮かぶのが「糖朝」ではないでしょうか。日本でも髙島屋に店舗があり、マンゴープリンが人気です。日本にお店があるからいいや・・・と、せっかく香港に来てもつい後回しにしてしまいがちな糖朝、その香港の実店舗に行ってきました。
香港の糖朝は、もちろん本場。お店は、九龍半島の先、尖沙咀エリアにあります。2012年末に以前の店舗から移転しましたので、お間違えなく。
お店の入り口は1階、エスカレーターで地下に降りていきます。その地下に広々としたレストランがあります。日本にある糖朝は、百貨店の中にあるだけあってなんとなく高級感が漂っていますが、香港のお店は少し薄暗かったのもあってやや庶民的な感じがしました。パッと見ても、日本人観光客の姿もチラホラ。VIPルームもあるんだそうです。
メニューを見ると、香港スイーツはもちろん、海鮮料理や点心、お粥、麺など、とにかく広東料理の種類が豊富なのに驚かされました。日本語の写真付きメニューもあるので、ご安心を。
定番メニューのマンゴープリンも、もちろん健在。ハート型のプリンにマンゴーがタップリ入っていました。何度食べても飽きない味です。横のテーブルでオーダーされていた木桶に入った豆腐花も美味しそうでした。
日本での糖朝をイメージすると、サービスの質や清潔感などはややレベルが下がるかもしれません。この辺りは日本は世界最高レベルなので致し方ありません。しかし、メニューの充実さと雰囲気は、本場ならではです。なにより、すべてのメニューに日本語が記載されているなど、観光客にやさしいと感じました。足を運ぶ価値アリです。
糖朝-美味餐點http://sweetdynasty.com/(中国語・英語・日本語・韓国語)
 糖朝 公式サイト(日本)http://t.rt-c.co.jp/
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
・【香港最新レポ】 昔の香港にタイムトリップできる「スタバ」テーマカフェ
・国際問題なんて関係ない?韓国の「日本食」は年々拡大
・【韓国リポート】”LINE”はイマイチ?韓国の通話アプリの意外な事情

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP