ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人女子の倦怠期の乗り越えかた【年下彼氏編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男女のリアルな生活&恋愛事情を取材し、すぐに実践できるテクニックをお届け。恋に効いて素敵に変身できる「恋愛サプリ」。いい女は、普段のちょっとした心がけから作られます。

ついイニシアチブをとってない?

大人女子に起こりがちな倦怠期の乗り越えかた。今回は「年下の彼氏編」をご紹介します。
自分が年上だから、ついつい恋愛のイニシアチブをとってしまうことも多いかと思いますが、これが結構「倦怠期」の引き金を引いてしまうから注意が必要!
もし年下の彼とギクシャクしはじめたら、次の3つのことを気をつけてみましょう。

ダメ出しをこらえる

年下の彼氏は、年齢は下だけども「立場的には彼女と対等か上」と思いたがっているもの。
男ってプライドの高い生き物だから、これはしかたがないことかもしれません。
女性も男性のそんな習性を知っているから、最初こそ彼氏を立てますが、馴れ合う内に「やっぱり経験がないとダメね」とか「私がいないと何もできないのね」的な態度を無自覚のうちにとってしまいがちに……。
そうなると年下くんは、次第にクサクサとした気分になっていきます。
ダメ出し→強引に導く……のではなく、「こうしてもらうとうれしいな、助かるな」と希望を伝える→自発的に行動してもらう
忍耐力をつけて「子どもを育てるような気持ち」で、接していくよう心がけましょう。

たまには甘えてみる

「年上だから」とつい頑張っちゃうときがあるかもしれませんが、時には年齢が逆転したかのように自分から年下くんに甘えてみましょう。
頼られていると彼氏も自信を回復し、「彼女を大事にしよう」と改めてリマインドするはずです。

誰にも負けない包容力を身につける

年齢を重ねた人にしか発揮できない「包容力」。
若さなどでは20代前半女子には対抗できないけども、包容力さえ備わっていたら、じつは年上彼女ほど無敵なものはないのです。
嫉妬心や束縛などの執着は手放して、おおらかな気持ちでいさえすれば、年下彼氏は「同世代や年下の女性にはない魅力」を再認識して惚れ直すはず。
安心感が次第に信頼感につながり、自然に年上彼女のことを将来のパートナーとして真剣に考えるようになります。

甘やかすのとは違った目線で

年下の彼氏は「自信をつけさせる」「おおらかに見守る」このふたつがポイント。
甘やかすこととは違うので、ギリギリを見極める技が必要ですが、このふたつさえ気をつけていたら彼は立派な男性として成長します。
彼氏をいい男に育てるかどうかは、あなたの腕にかかっているのです。イラッとしているだけではもったいないですよ。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「男ウケリップ」はそんな色!? 男女で異なる唇の色意識
「同世代の彼氏」だからこそ抱えるギクシャク感の正体
彼氏に理想のファッションをまとってもらうスムーズな方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP