ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android搭載スマートフォンのホーム画面で一つの芸術を作製しよう

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

Android搭載のスマートフォンでの楽しみ方は、なんと言っても『 ホーム画面 』を好きなデザインにすることでしょうか。

ホーム画面と言うのは、パソコンで言うところのデスクトップ画面なのですが、Android搭載スマートフォンではそのホーム画面によく使うアプリや連絡先のショートカット、そしてウィジェットを自由に配置することができます。本当にパソコンと同じです。

このホーム画面ですが、フリーで壁紙を配布しているサイトさんも沢山増え、また、色々な方が格好いいデザインであったり、可愛いデザインであったりと、素敵なホーム画面をインターネット上でも公開されていて、「 まるで一つの芸術のようなホーム画面だ 」と感心するばかりです。

そんな素敵なホーム画面が増えている中、わたしは数少ないと思われる、思いきりダサいホーム画面……つまり、『 ダサホーム 』 を作製しております。

こちらはドコモスマートフォンXperia arc(SO-01C)にて『 笑点の大喜利ホーム 』というテーマでホーム画面を作製しました。大好きな落語家であります桂歌丸さんの絵を自分で描き、全てのアイコンはPhotoshopで自作いたしました。

ホーム画面の下部にあります『 ざ 』、『 ぶ 』、『 と 』、『 ん 』の文字は、全てアプリのショートカットアイコンで、『 笑 』マークのアイコンは、『 ドロワー 』と呼ばれるアプリの一覧が開く仕様になっております。
元々のアプリのアイコンを、Androidマーケットで配布している画像変更アプリ等によって、お好みで画像を変更してホーム画面上に置くことが出来ますので、一つの芸術を作製したいと思われるホーム画面のオーナーさんには嬉しいですね。

もちろん、ただそれだけでは『 ただの絵 』になってしまいますので、スパイスも用意しております。

画面上での「山田くーん」と発言している『 フキダシ 』ですが……、実はこちらもアプリのウィジェットでして、この『 フキダシ 』部分をタッチしますと……

このようにランチャーが起動する仕様になっております。これは、
「 フキダシをタッチすることによって新しいフキダシが出てきて、さらにそれを見た方が吹き出してもらえたら良いな 」と願って作りました。
タッチするとTwitter専用アプリが出てくるのは、「 フキダシといえば呟きかな 」という洒落も入っています。

こんな感じで、ほぼ思い通りの『 ダサホーム 』が完成しました。
もし、Android搭載スマートフォンをお持ちでしたら、ご興味ございましたら、是非一つの芸術を作り上げたホーム画面に挑戦されることをお勧めいたします。

お話のネタにもなりますし、人気者になれる……かもしれません!

※この記事はガジェ通ウェブライターの「るるる」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
Xperia arcで「スマホ女子」という言葉にとらわれないスマートフォン生活を楽しんでいるアラサー女子です。独自路線のホーム画面を作製するのが趣味です!

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP