ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・ウォーズ』がまだ無名だった頃を振り返る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月18日公開の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に多くの者が熱狂している。だからこそ、遠くない昔、銀河系のそれほど離れていない場所で、『スター・ウォーズ』がどんな作品かということを人々が知らなかった、というのは不思議な気分である。

本誌ヴァラエティは1976年3月24日、ジョージ・ルーカス監督が800万ドルをかけ、チュニジアで米20世紀フォックスのSFファンタジー映画を撮影開始した、と記事にした。アレック・ギネスは「顎髭を生やした砂漠のスパイ」を演じることが決まっていた。オビ=ワンがそんな説明にためらっていたかもしれない頃、その記事では、「若手俳優が演じる未発表の3つの重要な役を含め、キャストは比較的無名である」と書かれていた。

数週間後の4月7日、「宇宙のアドベンチャーコメディ」で、23歳のマーク・ハミルがルーク・スターキラー(後に役名は変わるが)として映画デビューを飾る、と記事は伝えた。そして5月10日、ハリソン・フォードがハン・ソロ役として発表された。彼は「タフなジェームズ・ディーンのように宇宙海賊船のパイロット」を演じるとされた。

1977年1月、フォックスは、同年に公開を予定している19作品もの映画を大々的に宣伝する24ページの折り込み広告を出稿した。ルーカス監督の映画は、「ロマンティックな宇宙ファンタジー」と称された。映画の折り込み広告のうち全面広告は『ジュリア』、『愛と喝采の日々』、『結婚しない女』、『Mr.ビリオン』、『パトカー・ハイウェイ』、『The World’s Greatest Lover(原題)』などのような記憶に残らない作品を含んでいた。

翌年、『スター・ウォーズ』が公開された。より正確に言うと、爆発的な人気となった。その映画は、1977年5月25日、34の劇場でデビューを飾った(2日後にはさらに9つの劇場が加わった)。戦没者追悼記念日の週末を挟んだ公開6日間の記録は、255万6718ドルだった。これは当時では驚異的な数字だった。

本誌ヴァラエティは6月10日、「映画の直接経費は1000万ドル。フォックスに利益の60%、ルーカスに40%(彼はそこから他の人に経費を支払った)が分配された。損益分岐点は2200万ドル〜2500万ドルの辺りだと推定される」と伝えた。繰り返すが、当時は『スター・ウォーズ』が利益を得るかどうかを疑問に感じていた、と思うと衝撃である。

この映画は、全年齢に適した映画を示すレイティングG指定ではなく、子どもの鑑賞には保護者の指導を推奨するPG指定が適用された。米映画協会(MPAA)のコード&レイティングを管理するメンバーの間で意見が分かれため、フォックスのプロデューサーが大人の同伴者なしの小さな子どもが鑑賞するといくつかのシーンで怖がるかもしれないと感じたと主張し、PGの指定を要求した。しかし、フォックスの内部関係者者は、10代の間でG指定が「格好悪い」と感じられるかもしれないとも思っている、と本誌ヴァラエティは記事にしている。

利益の40%の稼ぎはさておき、ルーカス監督は続編の製作権と商品化権を保持していた。これはハリウッドの歴史上最も賢明な行動のひとつだ。しかし、彼はその時点ですでに優れた功績を成し遂げていた。ルーカス監督の2番目の作品にあたる、1973年の映画『アメリカン・グラフィティ』だ。この作品は、75万ドルの経費で配給の米ユニバーサルに1億1500万ドルをもたらした。そして、米ディズニーは数十年に渡って商品を生み出し続けていたが、すべてミッキーマウスのようなアニメキャラクターに関する商品だけだった。実写版の映画でキャラクターを商品にするという発想は珍しかった。

11月までに、『スター・ウォーズ』は全米で前代未聞の王者となった。1億8700万ドルの興行収入のうち1億2000万ドルはレンタル(すなわち、スタジオへ戻された)だった。その記録は、スティーヴン・スピルバーグ監督が手掛けた1975年の映画『JAWS/ジョーズ』を上回ったため、12月にスピルバーグ監督はルーカス監督と『スター・ウォーズ』を賞賛する広告を出した。

『スター・ウォーズ』はアカデミー賞の10部門にノミネートし、主要部門以外の6つのカテゴリーで受賞した。これはジョン・ウィリアムズの作曲賞を含み、サウンドデザイナーの巨匠ベン・バートにも映画の中で「エイリアン、不思議な生物、ロボットの声を創作したこと」で、特別業績賞が与えられた。しかしながら、作品賞、監督賞、脚本賞は全て、ウディ・アレン監督の映画『アニー・ホール』が受賞した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP