体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モノ・マガジンのデジカメ報告No.6】ペンタ、三月会わざれば括目してみるべし『ペンタックスK-S2』

15mm camera

モノ・マガジンのデジカメ報告No.6

本稿は1982年創刊モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス刊)好評デジカメ連載『写真家:織本知之のデジカメナウ』を気まぐれに、順不同に、電脳スペース上に移植したものである。または、カメラ片手に世の森羅万象を記録せんと闊歩する電磁カメ戦士たちにおくるラブレターでもある。

写真家:織本知之のデジカメナウ『ペンタックスK-S2』

「本当にいいデジカメってどれなんだ?」にご名算。写真家:織本知之が注目デジカメの“NOW度”を徹底診断します!

ペンタ、三月会わざれば括目してみるべし。ペンタックスK-S2

「男子三日会わざれば括目して見よ。」とは良く言われる慣用句であります。つまり三日会わないうちにがらりと変わるということをさすのでしょうな。

いやいや、人間そんなにコロコロかわらんでしょ。三日も過ぎて変化するといえば二日酔いが治り、次の二日酔いへの準備が整うっつうくらいで基本的にはなにも変わらんと思いますよ男子は。と、思っていた時期がぼくにもありました。

いまからほんの少しまえ、暮れの寒さが襟足から染み込み、どんよりとした空からやがて雪がふりそそぎそうな去年の12月。町は賑やかなクリスマスをテーマにしたBGMとイルミネーションに包まれ、わが手に握られたデジタル一眼も街に呼応するかのようにグリップが瞬き、LEDが爛々と輝いていたのであります。なんと言いますかそれはまことに非常にアレな感じでございました。

前機種K-S1はグリップをはじめいろんなところに埋め込まれたLEDがきらびやかに光りまたたき、まことに艶やかな意匠であったと、そういう意味でのアレでありますが、今回のアレは括目しました皆さん! 

本来、高いレベルでまとまっていた画質や高感度撮影での優秀さ、長年カメラメーカーとして培ったレンズ性能の素晴らしさ、そのいいとこすべてをまとめてバランスにすぐれ、ヘンなところを光らせずに性能を格段に向上させた次機種の登場であります!

そう、一度は寄り道しなければ気が済まないデジカメ一眼界の腕白大将が放った約2012万画素の暴れん坊、ペンタックスK-S2がこちらでございます!

01

ペンタ初のバリアングル背面液晶だ!

p178-179_usiro

視野率100%ガラスペンタファインダーだ!

p178-179_ue

軍艦部はカーボン調カバーで武装。シャッターボタン周囲がキラリだ!

今回は視野率100%のガラスプリズム光学ファインダーを搭載しつつ、フリーアングル液晶モニターを新搭載。これはペンタックス初の快挙であり、さらに防塵防滴構造を備えました。そのぶん先代機種K-S1よりもだいぶスパルタンな大きさ重さになり質量はおよそ618g。じつに堂々とした中堅カメラでございます。

ただし、遊び心をなによりも重んじるペンタックスらしくカラーはブラック、ホワイト、そしてブラックを基調として底部にオレンジ色をあしらったポップなブラック×オレンジ。さらに7色のオーダーカラーを承っております。

18-50mm camera

オーダーカラー「ネイチャーコレクション」フォレストグリーン

26

オーダーカラー「ネイチャーコレクション」デザートベージュ

27

オーダーカラー「ネイチャーコレクション」ストーングレー

1 2 3 4次のページ
モノ・マガジン編集部の記事一覧をみる

記者:

1982年創刊のモノ情報誌のパイオニア。

ウェブサイト: http://www.monomagazine.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。