ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビジネスで活躍!写真やファイルも速攻グループ共有できるメッセージアプリ「Xros」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

社内外の複数の人とプロジェクトを進めるとき、最も一般的な連絡手段は電子メールだろう。

しかしメールよりもっとタイムリーに、そして効率よくやり取りしたい。そう思っている人に、このほどリリースされたばかりのクロスプラットフォームのメッセージアプリ「Xros」を紹介しよう。

・ビジネス特化型のWhatsApp

クロスプラットフォームのメッセージアプリといえばWhatsAppを思い浮かべる人もいるのでは。

そのWhatsAppの基本的な機能はそのままに、ビジネスシーンでの利用を想定してつくられたのが「Xros」だ。

・非ユーザーでも10秒で参加

特徴はというと、チャネルと呼ぶプロジェクトやチームごとのグループを作ってやり取りできること。

例えば、チームでプロジェクトを進めるとき、メンバーそれぞれがこのメッセージアプリにテキストやファイル、写真などを送信してすぐに情報を共有できる。

Xrosユーザーでなくても、メンバーがメールでリンクを送れば相手はアプリのダウンロードや登録をしなくても、ものの10秒でチャネルに参加できるのも便利だ。

・デスクトップでも使える!

また、このアプリはモバイル(iOS、Android)だけでなくデスクトップにも対応。端末を問わず使えるので、どこにいても、いつでもやり取りに参加できる。

そしてチャネルはいくつでも設定でき、プロジェクトごとにチャネルを作れば管理も簡単。「あの案件のメール、どこ行ったっけ?」と受信トレイを探すこともなくなり、仕事の効率アップが期待できそうだ。

ビジネスでかなり使えそうなこのアプリ、無料というのもうれしい。コラボ作業を多くこなす人は要チェックだ。

Xros

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP