ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

竹内力 101回目のプロポーズでの好青年役はストレスだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『ミナミの帝王』シリーズなどで圧倒的な存在感を誇示し、男臭い魅力あふれる竹内力(51才)。言わずと知れた「Vシネマの帝王」が最近、バラエティーでユニークな一面を見せ、そのギャップでファンを驚かせている。Vシネマ時代から近況まで、竹内に話を聞いた。

――Vシネマ『難波金融伝・ミナミの帝王』時代、一番印象に残っている事は、なんですか?

竹内:全部楽しかったですよ。単純に、自分の好きな仕事を選んでやれているから、こんな良い事はないなって。辛かったのは、忙しすぎて寝る時間がなかった事くらいかな。撮影が終ったら飲みに出るしね(笑い)。

――1日に、どれくらい豪遊した事がありますか?

竹内:ま、それでも、150万円くらいかな。クラブは1人5、6万円かかるから、それを3、4人でハシゴする感じ。

――『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)の頃、爽やか青年役でした。『ミナミの帝王』はコワモテの役ですが、キャラ転換は難しかった?

竹内:みんなそう思ってるようだけど、たまたまヒットした作品のイメージがついちゃうんだよなぁ…。他の作品では、オールバックのヘアスタイルの方が多かったんだけどね。だから『101回目のプロポーズ』の時は、髪の毛を下げて好青年を意識して頑張っていました。なんてったって、ストレスで「頭に十円ハゲ」ができたからね(笑い)。田舎の友達からも似合わない役柄で気持ち悪いと言われるし、撮影では普通に歩くと「ガニ股」だと監督から言われるし、あれは非常に辛かったね。控室にいる時点から…しんどかったわ!

――『ミナミの帝王』の萬田銀次郎は、自分に近かった?

竹内:あれは自分で作ったキャラクターだから。監督に言われて演じたわけじゃないからね。そのうち、漫画の方が俺の真似をするようになったんです。漫画はメガネをしているけど、サングラスに変えて(笑い)。服も漫画ではダサい昔のチンピラみたいな格好だったから、スーツも俺が選んだし、車も選んだ。

 漫画を無視してキャラクター作りをしていたら、歩き方まで漫画が俺に近づいてきたんです。唯一変えてないのは、メガネのままサングラスにしていないこと。そこ以外は全部、俺の真似をしてる(笑い)。

――Vシネマといえば、哀川翔さんと竹内さんが2大帝王と言われていましたが、ライバルとして意識し合っていたんですか?

竹内:してないね。面倒くさいなと思うくらいだよ、よく同じ質問されるから。

――Vシネマのイメージが強いので、バラエティーのお茶目なキャラとのギャップに、みなさん驚きませんか?

竹内:そうだね。でも、俺はガキの頃から人を笑わせるのが得意だったから、ものまねしたりとかね。だからキャラクターを作ってるわけじゃなくて、バラエティーは自然な俺の姿。普段ジョークばっかり言ってるよ(笑い)。

――9月に演歌デビューしましたが、難しさはありますか?

竹内:若い人に受け入れられるかどうか。コブシとか全く意識してないし、そういう決まり事があるのかわからないけど、関係ない気がするんだよね。「ニュー演歌」という感じができれば、新しく若者に受け入れられるんじゃないかな。今の若者たちがカラオケで歌ってくれるような演歌を作っていきたいね(笑い)。

【竹内力】
1964年1月4日生まれ。大分県出身。俳優、歌手。86年に映画デビューし、「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズで人気を博す。さらに、TV・CMをはじめ、吹き替えやナレーションなどさまざまなシーンで活躍。今年9月、シングル『桜のように』を発売し、演歌歌手としてもデビューした。自身の映像製作会社RIKIプロジェクトの代表取締役。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
便所掃除からソープの帝王にのし上がった男の人生を描いた本
橋本マナミ 下から勢いよく噴き上げる水に口をつけゴクゴク
橋本マナミ なびく髪、白い肌、あふれんばかりの肢体を堪能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP