ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

故羽柴秀吉氏の次男「父はなぜか家でトラを飼っていました」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年4月、「日本一有名な泡沫候補」と称された「羽柴秀吉」氏(本名・三上誠三)が65歳で亡くなった。幾多の選挙に出馬し、派手なパフォーマンスで話題を集めた彼の本職は、温泉旅館や建設会社を経営する「羽柴企業グループ」の社主だったが、家庭ではどんな人物だったのか。

 会社では超ワンマン経営、家庭では亭主関白だったという。次男の三上大和氏は、社員や家族にとっては怖くて仕方がない存在だったと語る。

「どうやって手に入れたのかわかりませんが、父はなぜか家でトラを飼っていた。私が2歳くらいの頃、泣き止まないことに怒った父は、私をトラの前に引きずり出して顔を檻に押しつけた。冗談抜きに死ぬかと思いました。あの時の怖さは今でも忘れられません。そのトラは死んだ後に剥製になりました」

 また、家庭内では絶対的な存在だった。

「食事の時には祖父も祖母も兄も私も、何もいわずに黙々と食べ、父が何かしゃべったらそれに答える。気に食わないことがあれば殴られ、蹴られもした。私の友達は、父のことをその独裁者ぶりから(金正日になぞらえて)『ジョンイル』と呼んでいたほどです」

 こんな驚くようなエピソードもある。

「私が免許を取ったばかりの18歳くらいの頃、父が自分用に新しい車を買いました。私はそれに乗ってたびたび夜遊びに出かけていたのですが、それがバレて父が激怒。買ったばかりのその車を、ユンボ(ショベルカー)でペシャンコに潰してしまいました。漫画のような本当の話です(苦笑)」

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ウルトラマンタロウ 本当は「ジャック」になるはずだった
岩崎宏美 父親から訴えられ泥沼の骨肉の法廷バトルを展開中
高齢男性 計画停電になると「電気つけろー!」と怒鳴る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP