ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作詞家の岡本おさみ氏が心不全で死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

吉田拓郎の「旅の宿」や森進一の「襟裳岬」など数々の名曲の歌詞を手がけたことで知られる、作詞家の岡本おさみ氏が11月30日に心不全で亡くなった。享年73歳だった。葬儀は氏らしさを尊重したいという遺族の意向により、過日ご家族で執り行われた。

岡本氏は作詞家として1968年に「ふりかえらないで」でデビューすると、吉田拓郎とのコンビで「旅の宿」「洛陽」「祭りのあと」をはじめ、日本レコード大賞受賞曲「襟裳岬」(森進一)、「黄金の花」(ネーネーズ)など数多くのヒット曲を世に送り出した。

さらに、作家としても「旅に唄あり」などを上梓。晩年にはミュージカル「泣きたくなったら笑うんだ」など舞台演出家としても活躍し、今年の10月にはフォー・セインツ with 松坂慶子「たまには仲間で」をリリースしたばかりだった。

【岡本くにひこ(長男)より】
「生前に父の執筆活動に力を貸してくださった方、作品を愛しんでいた方々、父に代わりましてこころより御礼申し上げます。
岡本おさみの執筆はここで終わりを迎えましたが、彼が残した作品は永遠に生き続けます。
引続き変わらぬ想いで作品と触れ合っていただければ幸いです。
私たち家族は、静かに笑って日々が落ち着くのを待とうと思います。」

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP