体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

期間限定!恋人と行きたい!門司港のロマンチックイルミを巡ろう

浪漫灯彩

レトロな門司港を恋人と2人で巡るときに、是非立ち寄りたいスポットをご紹介。

この時期は「門司港レトロ浪漫灯彩」というイルミネーションイベントが開催され、門司港全体が幻想的な雰囲気に包まれているので、恋人たちには特におすすめです。

イルミイベントの中でも必見のスポットや、一緒に巡りたいグルメスポットを厳選しているので、ぜひ門司港レトロの冬デートの参考にしてみてはいかがでしょう。

門司港レトロ浪漫灯彩

レトロな灯りに包まれた門司港

浪漫灯彩

約20万球が彩ります。水面に映る光が美しくゆらめく様子にうっとり

歴史的建造物を含む7色のツリーイルミネーション、水辺を照らす灯りで、大正浪漫たっぷりの幻想的な空間が広がります。冬の空気は澄んでおり、イルミネーションに照らされた夜景はとりわけ美しい。この場所を恋人と2人で歩けば、きっと忘れられない時間を体験できるはずです。中でもおすすめの4スポットを紹介しているので、ぜひ巡ってみてください!

浪漫灯彩 「Mojiko願いの舞台」は九州初登場の声に反応する光の演出。是非、体感してみましょう。

門司港レトロ浪漫灯彩

問い合わせ:門司港レトロ総合インフォメーション

TEL/093-321-4151

住所/福岡県北九州市門司区港町レトロ地区一帯

アクセス/電車:JR門司駅下車、徒歩すぐ

車:九州道門司ICより8分、関門道門司港ICより5分

駐車場:周辺に有料駐車場あり

「門司港レトロ浪漫灯彩」の詳細はこちら

たとえばここを巡ろう!

1.北九州市立国際友好記念図書館

国際友好記念図書館 ドイツ人技師が設計した建築様式です。

門司港レトロ浪漫灯彩の中心スポット

ドイツ人技師が設計したと言われる建築様式は趣たっぷり。建物の茶色と白の概観がライトアップされ、エキゾチックな雰囲気が醸しだされます。出光美術館のすぐとなりのロケーション。

イルミネーション2015 門司港レトロ浪漫灯彩(ろまんとうさい)

期間/開催中~2016年2月14日(日)

時間/17時30分~22時 北九州市立国際友好記念図書館

時間/9時30分~18時

休日/月※祝の場合は翌日、12/29~1/3、他館内整理日・臨時休館あり

入場料/無料

「北九州市立国際友好記念図書館」の詳細はこちら

2.旧門司税関

旧門司税関 昭和初期まで税関庁舎として使用されていた

レンガ造りがイルミネーションに映える!

この建物は昭和初期まで実際に税関庁舎として使用されていました。レンガ造りでモダンなネオルネッサンス朝の建物が光によって夜の門司港に浮かび上がり、幻想的な世界が繰り広げられます。北九州市立国際友好記念図書館からは徒歩1分の距離。

この旧門司税関を含む、このスポット一帯では2016年2月14日まで門司港レトロ浪漫灯彩が開催中です。時間は17時30分から22時です。 旧門司税関

時間/9時~17時

休館日/なし

入場料/無料

「旧門司税関」の詳細はこちら

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会