ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画が題材の企画に、肉体躍るライブ作品も… 年末チキパがフルスロットルに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年はLAやパリにてライブを行うなど、昨年のNYで出演した【CBGB】に続き海外での活躍が目立ったCheeky Parade(通称:チキパ)が、12月26日に六本木ニコファーレにて名作映画『天使にラブソングを』を題材にした企画ライブを開催する。

各メンバーのソロカットなど計15枚

 3か月連続で行う定期公演【THE INNER MUSCLE】の第2回として行われる上記ライブだが、先月開催した第1回では映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を題材に、来年2月で4周年を迎える彼女たちの歴史を振り返るステージを展開。ニコファーレならではの360度に広がるパノラマLEDディスプレイを駆使したコンセプチュアルな演出は、ファンや関係者から高い評価を得ていた。

 また、さらに絶賛の声を集めたのが、12月7日に新宿BLAZEで開催したライブ・イベント【第2回 走るひと Presents 「ノンストップ全力ライブ」 supported by adidas / New Balance】だ。今年の夏には第1回が開催された同ライブは、1時間ノンストップでライブパフォーマンスを続けるというアスリート系アイドルイベントになる。

 このたびチキパが所属するiDOL Streetでは、3日間で計6公演の「ノンストップ全力ライブ」を敢行。その初日の2公演目を担当したのが彼女たちだったのだが、もとよりアグレッシブなパフォーマンスを信条とするチキパだけに、このコンセプトとのマッチングはぴったり。普段とは違うお揃いのウェアもadidasとのコラボと、まさにアスリートのようなステージングを披露したのだ。

 先に紹介した海外公演や『ヒルナンデス』出演で話題のメンバー 小鷹狩百花など、最近はビッグトピックが相次いだが、自身らも公言する通り、やはりチキパの本質は全力のライブにある。そんな9人の最新モードのステージを確認できるのが、12月16日にリリースとなるライブBlu-ray&DVD『Cheeky Parade LIVE 2015 「Cheeky MONSTER~腹筋大博覧會~」』だ。

 本作は今年の6月に赤坂BLITZで行ったワンマンライブの模様を収めた映像作品だ。今回の「ノンストップ全力ライブ」で見せたパワフルなパフォーマンスと同様に、“やはりチキパはライブだ”と改めて確信させられる痛快なアクトは必見。鍛え上げたフィジカルを躍動させるステージ上の9人に負けじと、オーディエンスも汗だくになって盛り上がる熱い一時は、近年のアイドルファンにはぜひともオススメしたいところだ。

なお、冒頭で紹介した通り、12月26日には『天使にラブソングを』と冠した企画ライブを行う。“ライブが命”と瞳に炎を燃やし続けてきた彼女たちの2016年を占う意味でも、こちらは見逃せない公演となりそうだ。

撮影:杉岡祐樹

◎Blu-ray&DVD『Cheeky Parade LIVE 2015 「Cheeky MONSTER~腹筋大博覧會~」』
2015/12/16 RELEASE
[Blu-ray]
AVXD-39240 6300円
[DVD]
AVBD-39239 5200円

◎Cheeky Parade ライブ情報
定期公演【THE INNER MUSCLE】
会場:六本木ニコファーレ
11月21日(土) Vol.1「Back to the Future」(終了)
12月26日(土) Vol.2「天使にラブソングを」
<2016年>
1月15日(金) Vol.3「地獄の黙示録」
【iDOL Street Carnival 2016~新春!開運!歌祭り!~】
1月17日(日) 中野サンプラザホール
~LUCKY!~ OPEN 12:00 / START 13:00
~HAPPY!~ OPEN 16:30 / START 17:30
【iDOL Street『超絶バレンタイン』 ~ in Sanrio Puroland ~】
2月13日(土) サンリオピューロランド
【Cheeky Parade 4周年記念LIVE】
2月20日(土) 新宿BLAZE
1部 13:00~ / 2部 17:00~

関連記事リンク(外部サイト)

ダレノガレ明美 子分アイドルの写真が話題に「真似したらしいけど、似てない!」
チキパ 来年カレンダー発売イベで意味深コメ連発「マギーさんを産休に」「カレンダーイズイエスタデー!」
BiSH 新曲「ウォント」フル尺公開&フリーダウンロード開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP