体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「忙しい人」と「余裕のある人」の10の違い

151216_busy-defference_251229409

同じことをしていても、忙しく感じさせる人と、余裕があるように感じさせることができる人がいるものですよね。忙しい人と余裕のある人では、どういった点に違いがあるのか、具体的に分析しながら詳しくご紹介していきましょう。

1.やるべきことの見極めができるかどうか

やるべきこと

忙しい人と余裕のある人の違いは、「やるべきこと」と「そうでないこと」が的確に見極められるかどうかという点にあります。

忙しい人は、「やれたら理想的」ということも「やるべきこと」として分類するので、やらなければならないことが増えていきます。

一方、余裕のある人は、最低限どの程度のことをやっておけばいいかという限界点を見極められるので、「やるべきこと」も最小限にとどめることができます。

2.所要時間が正確に予測できるかどうか

余裕のある人は、やるべきことにかかる所要時間を正確に見積もることができるので、物事が段取り通り進み、いつも冷静沈着でいられます。

しかし、忙しい人は、予測に反して大幅に時間がかかるケースも多々あるため、スケジュールよりも遅れ、慌ただしくせざるを得ない状況に陥ることもあります。

3.万が一に備えて調整時間を設けているかどうか

時間

余裕のある人と忙しい人の違いは、万が一スケジュール通りにいかなかったときのために、調整できる時間を設けているかどうかという点です。

余裕のある人は、少々の遅れはカバーできる程度の時間的余裕を計算に入れています。一方、忙しい人は、つなぎの調整時間をとっていないことが多く、いつも何かに追われています。

4.一貫した考えや計画性があるかどうか

余裕のある人は、一貫した考えに基づき、計画的に行動するので、無駄がなくすべてがスムーズに運びます。

一方、忙しい人は、じっくりと考える余裕もないことから、その場しのぎの考えで行動することもあり、非効率的な動きをする結果となるケースも散見されます。

5.物事の優先順位付けができるかどうか

余裕

忙しい人は、すべてのことが同じように大切で、今すぐ急がなければならないと考えがちであるため、どうしても気持ちがはやってしまいます。

一方、余裕のある人は、物事の優先順位をしっかりと決めることができるので、ゆったりとした気持ちで、そのとき最優先にすべきことだけに取り組むことができるのです。

6.やるべきときにしっかりと集中できているかどうか

忙しい人は、自分でもよく分からないほどに焦る気持ちがあったり、周囲の目が必要以上に気になったりと、目の前のことに集中することが難しい精神状態に陥ることが多いようです。

一方で、余裕のある人は、いい意味での割り切りができるので、自分がいまやるべきことに心置きなく集中できる傾向があります。

7.適度な休息やリフレッシュの時間を計画しているかどうか

リフレッシュ
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。