ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【イベントレポート】ぶっ飛んだ旅ならこの三人!『変じゃーにー』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

佐藤健寿氏:パプアニューギニアのマッドマンのお面

こんにちは、TRiPORTライター、旅と写真でできている赤崎えいかです。
筆者も格安チケットの検索時によくお世話になっているDeNAトラベル。そのDeNAトラベルから『この旅、変じゃーにー?』というイベントのお誘いが届きました。

DeNAトラベルのイベントというだけで気になるのに、コラボトークには、読み出すと止まらなくなるロケットニュース24の編集長のGO羽鳥氏、美しすぎるゆえにか旅先ではあり得ないトラブルにばかり遭遇してきた歩りえこ氏、奇妙なものや場所を博物学的・美的に撮影、取材する写真家・佐藤健寿氏という豪華なメンバー!

「これは行かない訳にはいかぬ…」ということで、取材してきました。

想像の斜め上すぎる「変な旅」

コラボトークでは、それぞれの思い出深い旅の話で盛り上がったのですが、どれもインパクトが強すぎる話ばかり。ほんの一部を紹介すると…。

カザフスタンにあるロシアの飛び地「バイコヌール」の説明をする佐藤氏。ここは旧ソ連時代よりロケットを打ち上げるために存在してきた街として知られています。そのため、街のいたるところでロケット関連のものを見かけます。共産主義時代の過去を想起させる記念碑などを禁止する法案がウクライナで可決されたため、今ではほとんど見ることのできなくなったレーニン像も見ることができるとのこと。

続いては歩氏の旅話。モロッコでは、激しい求愛の末に砂漠で半監禁状態にされたり、アルゼンチンでは、首絞め強盗に反撃してしまい半殺しされた話を笑顔でする歩氏。この経験がトラウマになり、今ではゴルゴ13並みに背後を気にするようになったとか…。

最後はGO羽鳥氏。カンボジアで逆ナンパされたと勘違いして、浮かれ足で彼女の家に行ったら、普通に家族がいて、お父さんと話して終わったというガッカリ話をしてくれました。特に彼女がお父さんへのお土産として買っていたタランチュラ(食用)が忘れられないらしいです。

タランチュアを食べる!?

そんなGO羽鳥氏の話から「切ない思い出の傷を癒すために、そのタランチュラを食べてみませんか?」と会場にタランチュラが用意されていました! GO羽鳥氏一人で食べるのは寂しいので、一緒に食べてくれる人を会場内より募ったところ、意外にも多くの人が食べたいと立候補。イベント参加者も、なかなかの強者揃いですね。

選ばれたのはベトナム人の女性。カンボジアとベトナムはお隣なのに、カンボジアにそんな食習慣があったとは知らなかったとのことで「万が一、お腹痛くなっても責任を問いません」と誓約書にサインをして初実食!


彼女いわく、タランチュラは「するめ」のような味らしいです。皆さんもカンボジアに行った際は忘れずに食べましょう。

今から旅立っちゃって!!

今回のイベントのドレスコードは、二泊三日の旅支度とパスポート持参。まさかと思っていたら「DeNAトラベルは当日発のチケットも取れちゃうんです! なので参加者のひとりに、今日出発の飛行機に乗って旅立っていただきます!」との大発表!普通だったら戸惑うばずなのに、嬉しそうに手を挙げる参加者たち…。

さすが「変じゃーにー」なイベントに参加するだけあります。

じゃんけんにより勝利を勝ち取った参加者の行き先はマニラ! 羨ましすぎます。その他にもパスポートの数字で海外ホテル宿泊券などがプレゼントされるなど、太っ腹すぎるDeNAトラベル。

みんなで食べれば怖くない

イベント中、GO羽鳥氏と参加者一名が食べたタランチュラ。「二人だけ食べるなんてズルい!」なんて思ってしまうであろう旅マニアの参加者たちのために、こっそりとタランチュラが用意されていました。イベント後はタランチュラをみんなで試食して楽しみました。

変ジャニストの変なお土産

旅先で盛り上がって、帰国後に「なんでこれ買ってきちゃったんだろ…」と後悔。こんな経験は誰しもあるかと思いますが、会場には変ジャニリスト三人が旅先から持ち帰ったお土産が…。

歩りえこ氏:ケニアの汚いお面

GO羽鳥氏:マサイ族の臭い袋

なぜ税関を無事に通過できたのか気になるものばかり。

「変じゃーにー」はできなくとも…

ぶっ飛んだ旅ばかりしている変ジャニリストお三方。もちろんお三方のように旅できる人はごくわずかかもしれませんが、旅に出るときのワクワク感は誰もが感じられるはず。そして、イベント後にはロケットニュースのGO羽鳥氏に独占取材させていただきました! その様子は次回お届けします。お楽しみに!

文・写真:赤崎えいか

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP