ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お茶の水女子大に男子高設立の噂 悠仁さまの受験負担軽減も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今から5年前の2010年4月、秋篠宮家の長男・悠仁さま(9才)はお茶の水女子大の附属幼稚園に入園された。

「これは一つの大きな事件でした。戦前、“特別な事情がない限り皇族は学習院か女子学習院に通う”と法律で定められていたこともあって、暗黙のうちにこの慣例は続いてきました。それが、紀子さまの“できるだけ同世代の子供との触れあいを増やし、社会的な視野を広めさせたい”という思いから、附属幼稚園への入園となったのです」(秋篠宮家関係者)

 その後附属小へと進学された悠仁さま。同時に、悠仁さまの進路の行方を気にかける声が聞こえるようになった。

「お茶の水女子大には附属幼稚園から大学まで揃っていますが、そのうち男女共学なのは中学校まで。男子生徒は必ず高校受験をして、別の学校に進学しなければならないのです。それは悠仁さまも例外ではありません。紀子さまは、動物好きの悠仁さまは、将来は東京大学の農学部に進学されたらいいのではないかというお考えもあったようですが、その前にやってくる高校受験が大きな懸案事項でした」(前出・秋篠宮家関係者)

 そんな折にまず持ち上がったのが、お茶の水女子大附属高校の“共学化”だった。

「ところが、お茶の水はOG会の結束が固く、“日本初の女子高”として130年以上の歴史をもつ附属高の誇りと伝統を守るべきだ、という意見が噴出したのです。実は以前、お茶の水と東京大学との合併という議論がなされたことがあったんです。在校生は、東大の施設も利用でき、さらに“東大卒”というネームバリューも得られると前向きだったのですが、その時もOGからの猛烈な反発を受け、合併が実現することはありませんでした」(お茶の水関係者)

 それでも、共学化については根強く議論が続けられたという。

「エスカレーター式の高校進学という選択肢がないため、優秀な男子児童は附属小卒業の段階で他の中高一貫校へ進学し、結果として附属中のレベル低下を招くことが懸念されたからです。しかし、その共学化の議論は、立ち消えとなりました。その一因には、この春、新たに就任した室伏きみ子学長の意向もあったのではないでしょうか。室伏学長は附属中・高を卒業後にお茶の水女子大の理学部で学ばれた才媛。もちろん愛校心も人一倍強く、やはり共学化について首を縦に振ることはできなかったのでしょう」(前出・お茶の水関係者)

 そこで持ち上がった新案が、男子高校の設立だった。

「お茶の水女子大のすぐ隣に、現在区立中学校のグラウンドとして使われている敷地があります。ここには以前、文京区立第七中学校があったのですが、2009年に統廃合の対象となり移転。男子高校は、この土地に作られる計画ということです」(前出・お茶の水関係者)

 実際に悠仁さまが高校進学の年齢となるのは6年後だが、悠仁さまの進学のときまでに、大学受験の実績と、学校の生活で重要な先輩・後輩という上下関係のある環境を整えるため、2018年頃までには開校したい思惑もあるという。

 お茶の水女子大に男子高校設立計画の有無を確認すると、「そのような事実はございません」という回答。しかし、ある宮内庁関係者は期待を抱きながらこう続ける。

「男子高校が設立されれば、悠仁さまは高校受験という大きな負担から解放されます。加えて、附属小・中のお友達とご一緒にエスカレーター式に進学できるわけですから、多感な年頃を落ち着いた環境で過ごすことができます。そうすれば、学業の研鑽をお茶の水で積まれつつ、しっかりと帝王学を修め、帝への道を歩む時間や心のゆとりも生まれるのではないでしょうか」

※女性セブン2016年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
悠仁さま 始めての徒競走は最下位も落ち込むことなく声援送る
紀子さま 動物好きの悠仁さまの東大農学部進学願うとの証言
お茶の水女子大附属高校「共学化」の噂 悠仁さまが決め手か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP