ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

35周年の近藤真彦「いつ辞めさせられてもおかしくなかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1980年にシングル『スニーカーぶる~す』でデビューし、以後35年にわたって活躍し続けてきた近藤真彦(51才)。35周年記念全国ツアー最終公演が行われた日本武道館には、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐などのジャニーズ事務所の後輩が多数祝福に駆けつけ祝福した。

 代表曲の『ギンギラギンにさりげなく』から始まり、最後のWアンコールまでの35曲を生バンドをバックに歌い切った。近藤は、「ファンのかたには感謝しかありません。デビューから35年を迎えて武道館でライブをやってるなんて思わなかった。いつ辞めさせられてもおかしくなかった。こんなに長くやっていくなんて考えてなかったし、不安も数年に1度はありました」と、感慨深げに語った。

 メモリアルイヤーである2015年は記念アルバムやシングルの制作、テレビ出演、ツアーなど精力的に活動してきた近藤だが「2016年はお休み! 何もしません」と弱気な発言も。だが、最後には「もうちょっと、40周年までがんばろうかな。武道館でのコンサートは何年かに1度。5年後にできたらやるんで遊びにきてください!」と満面の笑みを見せた。

「これからもスーパーヒット曲はほしいけど、ヒット曲はいっぱいあるんであんまり怖くはないかな。でもはっきり言って、生かせてない」と会場の笑いを誘った。

※女性セブン2016年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国映画『ドガニ』が280万人動員のヒット イ大統領も衝撃
藤井フミヤのライブに男性ファン急増 過去の嫉妬感情消える
朝井リョウの新刊は現代のアイドル事情を鮮明に描いた長編作

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP