ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お金が貯められる人 財布の中身と銀行残高を1円単位で把握

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アリとキリギリスのたとえでいえば、アリのキリギリス…。夫と2人、決して遊んでいたわけじゃなく、さして浪費してきたつもりもないのに貯金はゼロ。女性セブンの申年(さるどし)記者・サル美(47才)は気づきました。明日は暗い──と。難しいことはわからない、ややこしいことはしたくない私でもできること、ありますよね、先生?

 ということで、近著に『銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ』(集英社)があるアセットライフマネジメント代表取締役の長岐隆弘さんと、『お金の常識が変わる 貯まる技術』(総合法令出版)などの著書がある消費経済ジャーナリスト・松崎のり子さんに、“サルでもお金が貯まる方法”を教えてもらいました。

 まず訪れたのは、元銀行員でマネー戦略プロデューサーの長岐さんのもと。

──先生、老後が心配になったんですが、お金ってどう貯めるのがいいですかね?

長岐:質問返しで恐縮ですが、今、お財布の中にいくら入っていますか?

──エッ!? お貸しできるほど入ってなくて、たぶん1万円くらいしか…。

長岐:そうじゃなくて! 銀行員をはじめ、お金が貯められる意識が高い人には、財布の中身を1円単位で答えられる人が多いんです。

──エーッ!! 1円単位でわかるんですか!?

長岐:はい。そればかりか、銀行の残高も1円単位で言えますし、貯蓄はどうか、使えるお金はいくらなのかなど、常に詳細に把握しています。

──ウソ、ですよね?

長岐:ホントです。具体的に貯めるにも、自分が毎月いくらなら貯められるのか把握しないといけません。貯金って、ダイエットと同じなんですよ。自分が何kgなのかわからないと、どのくらいやせたらいいのかわからないでしょ。お金もいくらあるのかわからないと、具体的に貯める気にはならない。

──貯めるにも王道なしですね、とほほ…。

長岐:サル美さんは、銀行口座はいくつ持ってますか?

──独身時代から使っている口座が3つと、主人の口座、それからネットバンクが1つ…。すみません、覚えていません!!(汗)

長岐:謝らなくていいんです。私がそういうかたにまず伝えるのが、銀行は3つにしぼった方がいいということ。多くの銀行員は、給料の振込口座と支払口座、それとは別に貯蓄の口座を設けています。逆に1つだと、急な出費などで、せっかく貯蓄したお金を使ってしまいます。それに、使えるお金を明確に把握するためにも口座は分けたほうがいいのです。

 ところで、サル美さんは貯金をして、何をしたいんですか?」

──エッ? 下流老人になりたくないだけなんです…。

長岐:それもまっとうな理由ですが、もう少し夢のある目標を立てるといいですね。人間、楽しみがないと貯金が続かないんです。それに、具体的な目標が見えると、計画的に貯金する気になります。それもひとりよりご家族で話し合ったほうがお互いにセーブしあえますから、貯めやすくなりますし、結果的に下流老人になるリスクを激減します。

──確かに! 早速、家族にも相談してみます。

 つづいて、消費経済ジャーナリスト・松崎のり子さんにお話を訊いた。

──現状を把握することが大事なのはわかりましたが、具体的にはどうすればいいんでしょうか?

松崎:実は貯めるシステムはとっても単純。収入から貯める分のお金を取り、その残りで生活すればおのずとお金は貯まります。

──言うは易しですけど、とても難しい…(遠い目)。

松崎:貯められないのはなぜかというと、支出に優劣をつけられていないからです。今はポイントカードなどでお金を使わせる仕組みがいっぱいありますから。“お得”に踊らされて、けっこう無駄遣いをしているんです。サル美さんはポイントカード好きでしょ?

──はい。本日ポイント3倍って聞くと飛びついちゃいます。

松崎:やっぱり。ポイントカードは食料品やドラッグストアなどよく行くお店のもの以外は処分したほうがいいですよ。ポイント何倍デーと言われると、“行かなきゃ損”と思い、わざわざいらないものまで買いにいくことになりますから。

──うう、耳が痛い。

松崎:ちなみに私は近くのスーパーで使える流通系のカードにポイントを貯めています。ポイントを端数の支払いにあてて、極力お札を崩さないようにしています。小さなことですが、無駄遣いしない秘訣なんです。

──なるほど。真似してみます!

松崎:家の近くにイオンがあるかたは、『イオンカードセレクト』はポイントが貯まりやすいのでおすすめですよ。その他、地域を問わず主婦のかたに人気の『楽天カード』は、年会費無料で還元率も1%以上。『楽天ポイントカード』に登録すれば、貯まったポイントをミスタードーナツなど提携店で使えるからいいです。

──お財布の中、見直さなきゃ!!

※女性セブン2016年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
森永卓郎が史上最強と呼ぶファミマでTカードとJALカード併用
「高めに買えばOK」と500円分電車切符購入女性が節約に開眼
お金を大事にする方法 「1円玉が落ちていたら拾う」人も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。