ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やくみつる氏 とにかく明るい安村に毎年の芸名変更を提案

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「爆買い」と「トリプルスリー」に決まった2015年の「ユーキャン・新語・流行語大賞」。時代を映し続けるこのイベントの審査員を務める女優・室井滋さんと漫画家・やくみつるさんは、どんなふうに流行語を、受賞者を見ているのだろうか──。授賞式の夜に初対談をしました!

室井:新語・流行語大賞って、芸人さんが受賞すると一発屋になるというジンクスがあるでしょ。今年はとにかく明るい安村さんが入賞されましたけど、ご本人はやっぱりちょっと複雑な心境なのかなあ。

やく:いや、そういう現象があまりにも続いたので、むしろオイシイんじゃないですか。ついこの間も波田陽区(2004年入賞)が「しくじり先生」に出てたし、バラエティー番組にはけっこうそういう芸人枠がありますから。とらないよりはとった方がいい、とったもん勝ちですよ。

室井:そういえば安村さんは去年から狙ってたとおっしゃってましたね。あのかた本当に明るいし、来年も活躍してもらいたいな。

やく:ギャグはどうしても賞味期限があるけど、そこに新しいネタをかぶせていけばまた違いますから。ちょっと古い例だけど牧伸二の「やんなっちゃった」、あれはずっと同じことをやっているように見えて、やんなっちゃうことがその都度変わっていくじゃないですか。ああなると強い。安村くんもね、今はあの姿だけど、きっと服を着る時が来るんでしょう。服を着た時にどうやってわれわれを安心させてくれるか。

室井:それ、楽しみですね(笑い)。

やく:ぱっと見はわからないよーにじわじわ、「あれ? よく見ると着てるな」とかね。ひょっとすると毎年芸名を変えるといいかもしれない。来年は「引き続き明るい安村」、再来年は「依然明るい安村」、安村くんの新しい芸名が発表されると「あ、今年ももうそんな時期か」と思う、そうなったら勝ちです。

室井:間違いないですね。そしたら一発屋のジンクスも破られるし、絶対いいと思う。やくさん、そう教えてあげたら?

やく:教えてあげたいな。そもそも狙ってとれる賞じゃないから、狙ってとった安村くんは非常にレアケースなんです。爆笑問題の太田光は番組で一緒になるたびにとりたい、とりたいと言って私に言葉を提示してくるけど、かすりもしないですよ。

室井:ドラマでも一昨年の『あまちゃん』や『半沢直樹』みたいに言葉が流行ると強いから、各局いろんなフレーズを押し出してますけど、今年は残念ながら出ませんでしたね。私が4月期に出演した『マザー・ゲーム~彼女たちの階級』でも、「はっきり言わせていただきます」という木村文乃さんの決めぜりふがあったんですけど、狙って流行らせるのは本当に難しい。

やく:私も今年は「スー女(相撲女子)」を推してたのに、まさか予選で蹴られるとは思わなかったなあ。力及ばずという感じです。

※女性セブン2016年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
第1子妊娠中のSHELLY コント番組登場で「胎教にもいい」
とにかく明るい安村 裸芸ウケた背景に体型、オリジナル音楽
とにかく明るい安村のネタ中BGM 制作の裏側を作曲者明かす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP