ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国で公園が政治化 共産党のイデオロギー宣伝用看板が乱立

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国共産党のテーマパーク(コンセプト公園)が武漢にオープン──このたび米CNNがこう題したニュースを発信した。党と中国の歴史を遊びながら学べるとの触れ込みだが、児童を対象にした新施設の建設は、中国の思想教育が新たな段階に入ったことを示唆している。ノンフィクションライター・安田峰俊氏が現場に赴いた。

 * * *
 長江中流域の肥沃な大地。閑静な住宅街に囲まれた湖畔に、美しい公園が広がる。息子と遊ぶ父親、ベビーカーを押す母親、四方山話に花を咲かせる老婆たち。絵に描いたような幸福な日常だ。

 だが、他の公園とはひとつ大きく異なる部分がある。敷地の全体に、中国共産党や習近平政権を賛美する立て看板やオブジェが溢れているのだ。生々しい「政治」が市民の暮らしに完全に溶け込む様子は、言い知れぬ不気味さがあった。

 ここは湖北省武漢市内にある南湖幸福湾水上公園。今年9月28日、「共産党人」をテーマとしてオープンした、敷地面積30万平方m(東京ドーム6.4個分)の広大な主題公園(コンセプト公園)である。入場は無料で、いまやすっかり近隣住民の憩いの場だ。

 それでは、北側の入り口から順を追って、共産党公園のツアーにご案内しよう。まず、入場の際は大量の中国国旗と、地元出身の過去の解放軍軍人や党関係者の解説パネルがお出迎え。さらに湖をぐるりと囲む1.5キロ程度の遊歩道には、東方向に結党から現在までの党史を解説するアーティスティックな23枚の立て看板、西方向に党の「英雄」29人の彫像がずらりと並ぶ。党史の看板には、習政権の功績を讃える内容も多い。

 そして公園の東端には、習政権が目下宣伝中のイデオロギー「社会主義核心価値観」の12個の標語をかたどった立方体のオブジェがどっしりと鎮座する。

 のどかな公園には不似合いなことに、周囲には数人の警備員が常駐。筆者はカメラを構える様子を見咎められ、早々に退散した。

「共産党人」アピールが最も濃厚なのは公園の南側だ。『共産党宣言』をかたどった大理石があるスペースは、入党の宣誓式会場を模したもの。児童アニメ調にディフォルメされた人民解放軍兵士の巨大な人形4体は、親子連れやカップルの間で格好の撮影スポットだ。植え込みには抗日戦争(日中戦争)の勝利を祝う標語が掲げられている。

 長征(1930年代に国民党軍に追われた紅軍の大移動)の経路がでかでかと床に描かれた広場では、地域の子どもたちが一心不乱に鬼ごっこに興じていた。幼児連れの母親の一人(30代)はこう話す。

「私は政治に関心はないです。でも、息子が公園で遊ぶことで国家の歴史を勉強できるのは、よいことだと思う」

 実のところ、武漢市内では今年に入り、こうした市民公園の「政治化」が続々と進んでいる。例えば1950年代に市内に開設された紫陽湖公園は「愛国主義」を、同じく洪山公園は習政権のスローガン「法治」をテーマにそれぞれリニューアル。実際に敷地内を散策してみると、党のイデオロギーを宣伝する看板が雨後のタケノコさながらに乱立していた。

「バカバカしい。税金の無駄遣いもいいところだ」
「市民の生活空間に政治的なプロパガンダを持ち込むのは、往年の文化大革命(文革)を連想するので不愉快だ」

 一連の政策には、ネット世論を中心に苦言を呈する動きも根強い。だが、現地当局は批判の声もどこ吹く風だ。地元紙『長江日報』によれば、武漢市内では他にも「中国夢」「中華優秀伝統文化」などを主題にした公園9か所の新規開設や改装の計画が進んでいるという。

※SAPIO2016年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国で抗日戦争を戦ったのは国民党軍 共産党は成果を横取り
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
中国の警察 汚職の摘発は前年比12.5%増でその優秀さを証明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP