体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゆるキャラで哲学を図解!? 10万部突破のベストセラー『哲学用語図鑑』誕生秘話

f:id:kensukesuzuki:20151217115040j:plain

2015年3月に出版された『哲学用語図鑑』(プレジデント社)が、版を重ねてロングセラーとなっている。「哲学」という一見固いテーマの書籍がなぜここまで受け入れられているのか。書籍ができた背景や制作中のエピソード、「ビジネスパーソンにすすめたい哲学用語」を著者の田中正人さん(写真左)、編集・監修の斎藤哲也さん(写真右)に伺った。

出版される確証もないままに、制作をはじめた

――出版されて以来、発行部数は10万部を超えたとのことですが、周りの反響はいかがですか?

田中正人さん(以下、田中):僕は……あまり変わらないですね。特にSNSもやっていませんし、反響が直接伝わってきませんので(笑)。

斎藤哲也さん(以下、斎藤):でも、書店員のかたにとても喜んでいただいているのが実感としてはありますね。佇まいとしてすごく「物質的」というか、パラパラと立ち読みすると、すごく「読ませる」ものになっているというか。

田中:確かに「プロダクト感」みたいなものは大切にしましたよね。

f:id:kensukesuzuki:20151217115102j:plain

――田中さんはもともとグラフィックデザイナーとして活動されていて、書籍の企画や装丁、制作にも携わっているとのことですが、そもそもなぜこういった「哲学書」を書くことになったのでしょうか?

田中:祖父が読書家だったので、実家に洋書や哲学書がたくさんあって、小さなころから気になっていたんです。高校生くらいになると読めそうなものから手に取ったり、イギリス留学中に本を読む機会も多かったので、実家に帰ると改めて読み返したりしていました。何か特別なきっかけがあったわけではないんですが……ちょっと話は変わりますけど、グラフィックデザイナーとして仕事をしていますが、打ち合わせをしているとき、僕が見ている色や形と相手が見ている色や形は、本当に同じなんだろうかと思うことがあるんです。実は違ったまま通じあっているだけなんじゃないかと。そのことを捉えようとしたときに、哲学的な考えがしっくりきたというか。その考えかたを可視化できたらいいなと思ったんです。

f:id:kensukesuzuki:20151217115122j:plain著者でグラフィックデザイナーの田中正人さん

斎藤:本人を前にして言うのもなんですけど、田中さんってすごく「視覚的な」人間なんですよ。

田中:……本を読むときに図を書いて理解したり、あと電話番号を覚えるときに、ボタンの位置関係とか形で覚えたりしますね。けっこう誰でもそうしません?

斎藤:いやいや、それはあまりないですよ(笑)。

田中:それでまぁ、僕は哲学者でもなんでもないので、「本を出したい」と言っても出してもらえないだろうから……。

斎藤:このご時世、哲学者でもなかなか出せませんよね(笑)。

田中:逆に言うと、「こういう内容です」というものがあれば、出版してもらえる可能性があるかな?と思って、とりあえず作りはじめたんです。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。