ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『スター・トレック』最新作、初の予告映像がオンラインで公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

12月14日(現地時間)、映画『スター・トレック』シリーズ最新作『Star Trek Beyond(原題)』の初の予告映像がオンラインで公開された。米パラマウント・ピクチャーズは、ドイツ版の予告映像がリークされた後に、公式の予告映像を公開した。

シリーズ1作目で使われたビースティ・ボーイズの楽曲『サボタージュ』と共に、数々のアクション・シーンが映し出された。USSエンタープライズが破壊される前に、カーク艦長(クリス・パイン)とその他のクルーたちは、近くの惑星で生き残りをかけて戦う。

「これは始まりだ、艦長」と、イドリス・エルバ扮する新たな敵エイリアンが忠告し、「ここで辺境地帯を押し返す」と言う。

この予告映像では、新しいエイリアンのキャラクターに扮したソフィア・ブテラが、他の地球外生物と同様に初公開された。彼らはクルーたちが戦わなければならない相手だ。

あるシーンでは、ボーンズ(カール・アーバン)とスポック(ザカリー・クイント)が敵のドローンに追い詰められている。

ボーンズが「まあ、少なくともひとりでは死なないな」と言った直後に、スポックが突然光に包まれて消え、「まあ、ありがちだよね」と続ける。

『スター・トレック』シリーズの3作目となる同作は、映画『ワイルド・スピード』シリーズを手掛けたジャスティン・リン監督が指揮を執る。同作は、J・J・エイブラムス監督以外が手掛けるリブート作品としては初となる。エイブラムス監督はエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

その他、サイモン・ペッグ、ゾーイ・サルダナ、ジョン・チョー、アントン・イェルチンらがこのSF映画に出演し、2016年7月22日に米劇場公開予定だ。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。