ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

主婦の8割「夫のボーナスは貯蓄に回す」 小遣い増額を求める夫を「面白かった」と評する妻も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

主婦の8割「夫のボーナスは貯蓄に回す」 小遣い増額を求める夫を「面白かった」と評する妻も

ソフトブレーン・フィールドが主婦を中心とする同社サービス登録者814名(平均年齢45歳)を対象に、夫の冬のボーナスについてアンケートを実施したところ、「支給あり」と答えた人が73.6%、「なし」が26.4%という結果だった。

ありと答えた人のうち、もらえる(もらえそうな)ボーナス額で最も多かったのが「30万~60万円未満」。平均は63万9668円となり、公務員の冬のボーナスの平均額約65万8600円よりやや少ない結果となっている。
夫の欲しいものを買って「やる気をチャージ」

もとは夫の稼ぎとはいえ、家族のために使わざるをえないのがボーナスというもの。用途は「貯蓄」が80.8%(複数回答)と圧倒的だ。50代の回答者からは「老後破産という言葉もよく聞かれる時代で、貯蓄は必要」と将来への備えとする声があがっている。

もちろん夫のために一部を使う家庭もあり、ある30代の主婦は感謝の気持ちを示すため、夫が長年欲しかったものを含めて購入するものを検討するという。

「なかなか普段のお小遣いでは買いにくい高額なもので、やる気をチャージしてもらいたいからです」

ただし、こうした理解ある妻ばかりではない。ある主婦は夫から「ボーナスの中からお小遣いを欲しい」と言われ、いくばくかのお金を渡したが、その金額が少なかった模様。同じ職場の男性たちと真剣に話し合い、増額を要求してきたと明かす。

「もう少し多く欲しいと私に言ってきたので、増やしました。(同僚たちと)真剣に話している様子を想像すると面白かったです」

主婦は家庭内の役割を担っているとはいえ、まるで「自分のお金」のように振舞うのはいかがなものか。なお2010年9月のアジャイルメディア・ネットワークの調査によると、ボーナス時のお小遣いの平均金額1万8075円だったが、「ゼロ円」と答えた人は51.9%と過半数を占めていた。

あわせてよみたい:冬のボーナス支給で笑った人「めちゃめちゃ入ってるわーーい!!!」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。