体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たくさんの公用語を持つインドの言語に関するまとめ

Photo credit: Toyo Serizawa「神秘の国インド16人旅 ~グラマラスな超大作編:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑~ 仲間と作り上げた思い出17日間」

Photo credit: Toyo Serizawa「神秘の国インド16人旅 ~グラマラスな超大作編:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑~ 仲間と作り上げた思い出17日間

TRiPORTライターのさとりんです。
インドのお金、ルピー札には15の言語が表記されているなど、インドにはたくさんの言語が存在します。
日本では当たり前のことですが、国内で日本語を話せば会話ができます。しかし、インドでは、インド国内でヒンディー語を話しても伝わらないことが多くあるんです。
それだけ多くの言語がある多言語国家、インド。そんなインドで人々は何語で会話をしているんでしょうか。
今回は、インドの公用語と、英語とヒンディー語の関係、インドとヒンディー語やインドからきた外来語についてご紹介します。

インドの公用語とその他の言語

公用語はヒンディー語で、準公用語として英語があります。その他にもインドには憲法で定められた22の指定言語(第8付則言語)とインド全域で2,000もの方言があります。
そして、インドの28の州とその他の連邦直外地域それぞれが自分たちの公用語を持っています。日本でいうと、大阪弁、青森弁、沖縄弁が公用語のひとつになるようなイメージです。
そのため、ヒンディー語を話せたとしてもインド国内全域で言語コミュニーケーションがとれるとは限りません。

第8付則言語

アッサム語、ウルドゥー語、オリヤー語、カシミール語、カンナダ語、グジャラート語、コーンカニー語、サンスクリット語、サンタル語、シンド語、タミル語、テルグ語、ドーグリー語、ネパール語、パンジャーブ語、ヒンディー語、ベンガル語、ボド語、マイティリー語、マニプル語、マラーティー語、マラヤーラム語

州ごとの公用語

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg .tg-c7d0{background-color:#bbdaff}
.tg .tg-yw4l{vertical-align:top}


公用語

アッサム州
アッサム語

アルナーチャル・プラデーシュ州、アッサム州、
ナガランド州、西ベンガル州、メーガーラヤ州
英語

アーンドラ・プラデーシュ州、テランガーナ州
テルグ語

オリッサ州
オリヤー語

カルナータカ州
カンナダ語

グジャラート州
グジャラート語

ケーララ州
マラヤーラム語

ゴア州
コンカニ語

ジャンムー・カシミール州
ウルドゥー語

シッキム州
ネパール語

タミル・ナードゥ州
タミル語

トリプラ州
コク・ボロック語

ハリヤーナー州、ジャールカンド州、マディヤ・プラデーシュ州、
チャッティースガル州、ウッタル・プラデーシュ州、ウッタラーカンド州、
ヒマーチャル・プラデーシュ州、ラージャスターン州、ビハール州
ヒンディー語

パンジャーブ州 
パンジャーブ語

西ベンガル州、トリプラ州
ベンガル語

マニプル州
メイテイ語

マハーラーシュトラ州
マラーティー語

ミゾラム州
ミゾ語

インドの言語別人口

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg .tg-dfh4{background-color:#96fffb}
.tg .tg-lqy6{text-align:right;vertical-align:top}
.tg .tg-hxtd{background-color:#96fffb;vertical-align:top}
.tg .tg-yw4l{vertical-align:top}

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。