ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本人の良さを再認識!私が世界一周中に触れた思いやりの心。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行中、観光地で日本語が聞こえると、何だか心が安心した経験をしたことがありませんか?

世界一周一人旅で、なおかつ英語が話せない、聞き取りもできない私にとって日本語が聞こえると、ついつい話しかけたくなってしまいます。

そんな旅行中、困ったときに日本人に助けられた出来事をご紹介します。

 

こんなところに日本人

photo by sakai ayaka

ヨーロッパのオーストリアでの出来事でした。音楽の都と言われる首都ウィーンで夜からオーケストラのコンサートを見に行こうと、コンサート会場へ向かっていた時の出来事でした。

ヨーロッパの道は、大きい通りだと分かりやすいのですが、一本狭い道に入ってしまうと、とても分かりずらいので少し遠回りでもなるべく大きい通りを選んで移動をしていました。

一生懸命地図を片手に歩きながら、2つ目を左に曲がってここにあるはず!と思った先には、洋服屋がありました。

 

携帯のナビも使えないし、人がほとんど通らない道だったので、どうしようと困っていたら、遠くから日本人の様なご夫婦が歩いてきたのです。

もし日本人だったらラッキーだなと、話す言葉を少し離れた場所から聞いていると、嬉しいことに日本語を喋っていました。

 

すぐに駆け寄り場所を聞くと、一緒に会場まで案内してくれました。

ほとんど人が通らない道で日本人に会えた事さえ幸運な事ですが、なんと苗字も漢字も一緒だったのです。

思わず運命を感じてしまいました。おかげで、コンサートの開演時間に間に合いました。

 

前に並んでいた人は日本人

photo by sakai ayaka

台湾の台北で、千と千尋の神隠しのモデルと言われる九份に向かおうとバスの列に並んでいた時の出来事でした。

バスに並んでいると「九份に行くならタクシーの方が安いよ」と勧誘のおじさんがやってきました。

行く前にガイドブックで、勧誘の人が声をかけてくるという事を見たので焦りはしませんでしたが、断っても何度も声をかけてくるのです。

 

思わず日本語で「しつこいな~」と言ってしまいました。そうしたら、たまたま前に並んでいたご夫婦が日本人で、私が日本人だということに気づき、現地の言葉で勧誘を断ってくれました。

行き先も同じだったので、降りる時も「ここが九份だよ」と教えてくれて、世界一周をしていると伝えると「気をつけて楽しんで来てね」と優しい笑顔で見送って下さいました。

 

話した時間は少しでしたが、世界一周一ヶ国目の不安の中だったのでとても元気がでました。

 

日本のお米だ!

photo by sakai ayaka

日本を出発して約1ヶ月たってくると、旅に慣れてきて余裕が出てくるとともに、ホームシックになりました。

友達ともほとんど連絡が取れないし、一番辛かったのは食べ物でした。

食べ物の中で一番好きな物の白米がなくて、毎日パン・サラダ・スープ・フルーツという食事だったのでお腹が満たされませんでした。

日本の様な美味しいお米がないことは分かってはいたけど、あまり食に興味がない私が食に悩まされるとは思いませんでした。

 

そんなホームシックの気分の中、日本語の現地ツアーに参加していると、女子一人ということもあって、周りの人がたくさん話しかけてくれました。

そのおかげでとても元気が出て、いつの間にかホームシックは消えていました。

 

皆と仲良くなり、ツアーの最後には、「自分達は明日、日本に帰るから日本から持ってきたこれあげるよ。世界一周気を付けて」とたくさんのお菓子と、レンジで出来るお米を頂きました。

日本から持参していたふりかけを、ここぞとばかりにたくさんかけてお米を食べました。

その時食べたお米は、今まで食べた中で一番美味しかったです。

 

サンティアゴの空港で日本人

photo by sakai ayaka

サンティアゴの空港で飛行機の搭乗を待っていた時の出来事でした。

寒い冬の時期、南米に来る日本人観光客はほとんど居なく、チリのサンティアゴからボリビアの最大の町ラパスに向かう飛行機を待っている人で、見渡す限りアジア人はいませんでした。

アメリカやヨーロッパなどでは、日本人が数人居るのですがサンティアゴにいないのでとっても不安になっていました。

 

そんな中、一人で音楽を聴いていると、隣に座って来た人が「日本人ですか」と日本語で話しかけてきてくれたのです。

その方は、ボリビアでボランティアの仕事をしているので現地の言葉(スペイン語)はペラペラでした。

お話しをしていると、何やら周りがざわめき出したのです。何かと思うと、飛行機が2時間も遅れるというのです。

その説明も、スペイン語しか流れず英語しか分からない人が必至に周りの人に聞いていました。

 

一人の日本人が居てくれたおかげで理解することができましたが、もし私一人だけだったらスペイン語も英語も分からず、何が起きたのか理解出来なかったのだと考えると、ぞっとしました。

日本から遠く離れた地、しかも同じ時間の飛行機に乗る日本人が居て、本当に幸運なことでした。

そして、二人とも無事にラパスに到着することが出来ました。

 photo by sakai ayaka

 

まとめ

以上、世界一周中日本人に助けられた出来事でした。

 

旅行中、私は幸運なことにたくさんの日本人に会い助けていただきましたが、同じ世界一周している旅人でも日本人にほとんど会わない人も居たので、本当に幸運でした。

日本国内の日常生活ではあまり触れられない日本人の優しさにたくさん触れられて、日本人がさらに大好きになった世界一周旅行でした。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP