ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第37回 銅線窃盗

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 その当時、銅線窃盗がはやっていた。運動時間に見知っていた銅線窃盗犯が隣の2号室から3号室に移ってきた。

 当時の私は、銅線なんか盗んで費用対効果はどうなっているのだろうと思っていた。
 ここから先はあくまでも彼の話によるものであることを念のために言っておく。
 工事現場などに、意外と銅線などが捨てられており(置いてあるだけだと思うんだけどな~)、これが割とお金になるそうだ。

 銅を含む金属類は、銅の含有率によって相場が異なるのだが、銅線はその含有率が高いとのことで銅線専門になった。
 逮捕容疑は九州電力の某工場近くに山積みされていた銅線を盗んだというものである。
 銅線の包みを剥がし、貼付されているシール類もすべて取り去った上で、近くの田んぼに持っていく。その田んぼの泥で銅線をわざわざ汚して、しかも合法的に入手した他の銅線に混入させるというなかなか手の込んだことをする。

 彼はガラクタ屋を経営しており(聞いたところちゃんと古物商の免許を持っているとのこと)、そこへ運び込んだ銅線をそのまましばらく放置しておく。ほとぼりの冷めるのを待つらしい。その後知り合いの専門家(故買屋のことか?)に売却するとのことであった。
 ところがいつものように銅線を運んでいると、職務質問にあいすべてがばれてしまったらしい。

 またあるときには、高価なある商品(あえて特定しない)が完全な梱包のまま持ち込まれ盗品と疑いつつ5万円で買い取った。私としては、「疑いつつ」ではなく、盗品と確信していたのではないかと思った。
 これを以前からその商品を欲しがっていた人に、型落ちしてはいるが新品だからということで、30万円で売却したそうで、いい商売だと自慢していた。

 警察の取調べでは余罪の追及が厳しかったようで、相談を受けた私は一般論として、物証が出ていない限り捜査機関が立件することは難しい、余罪を自白して裏付け捜査の結果他の証拠が集まったら立件されるとだけアドバイスをした。
 彼は余罪なしで頑張ったようで、そのうち取調べがなくなり、タバコを吸えないとこぼしていた。

 ところがある日、回覧された新聞を読んでいると「某県で組織的な銅線窃盗摘発」との記事が掲載されており、さっそく彼に新聞を回してあげた。
 ほとんど冗談で「あなたも関与しているんではないかと疑われて取調べが再開されたらタバコ吸えるね」「そうだね」などと能天気な話をしていたら、彼はその翌日に取調べとなった。関与していないと否認したら1回だけの取調べで終わってしまった。

 彼には国選弁護士が付いていた。お年寄りらしい。
 彼によれば将来自分を雇用してもよいと言ってくれている人がおり、給与額も大体決まっているとのことで、弁護士に、雇用先に赴き、きちんと話を聞いてもらい情状証人で出てもらうように頼んでくれと話をしているが動いてくれないとぼやいてた。

 そこであることを告げれば動いてくれるはずだと助言をし、彼がその助言に従ったところすぐに動いてくれたそうだ。何を助言したかはちょっとまずいので明かさない。
 この弁護士は1号室にいる覚せい剤おじさんと2号室にいる傷害恐喝お兄さんの国選でもあったが、二人とも文句を言っており大丈夫かいなという感じだった。

 さて、銅線窃盗犯は私が拘置所に移った後で拘置所に移ってきた。拘置所の私の部屋の前を、布団を持って歩いていた。彼が私に気づくことはなかったが。(つづく)

元記事

第37回 銅線窃盗

関連情報

質屋にあった盗品、取り戻すにはお金が必要?(なっとく法律相談)
質屋にあった盗品、買い戻さなければならない?(なっとく法律相談)
盗んだ物を時効取得できる?(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP