ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】『スター・ウォーズ』のキャスト陣、映画のテーマ曲をアカペラで見事に歌い上げる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

警告する。上記の映像を観ると、ジョン・ウィリアムズ作曲の『スター・ウォーズ』のテーマ曲が、朝から晩まで頭にこびりついて離れなくなるだろう。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の出演者たちが、NBCのトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』で司会を務めるジミー・ファロンと、同番組で音楽を担当するザ・ルーツのメンバーと力を合わせ、(テレビドラマ『ゆかいなブレディ家』風に)そのクラシックの楽曲をパート分けして演奏してみせた。デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードがアカペラのハミングでメドレーを披露し、低音を担うアダム・ドライバーとグウェンドリン・クリスティーが参加するとメロディは『帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)』へと移行していく。

R2-D2、C-3PO、 BB-8、チューバッカ、ストームトルーパーたちもボーカルの才能を発揮してグループに貢献した。マーク・ハミルはいつものように行方不明だった。

このキャストたちは、12月14日(現地時間)の夜にハリウッドで開催されたワールドプレミアの会場でも、ジョン・ウィリアムズ作曲の象徴的なテーマ曲をハミングで歌い上げようとチャレンジした。

もっと見る:【動画】『スター・ウォーズ』キャスト陣が大好きなジョン・ウィリアムズのテーマソングを口ずさむ

ウィリアムズは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも楽曲を担当し、ロサンゼルス・フィルハーモニックで音楽監督を務めるグスターボ・ドゥダメルが、オープニングとエンドロールの音楽を指揮した。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日に劇場公開となり、記録破りの2億1000万ドル以上を初日に稼ぐだろうと期待されている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP