ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【検証】効きます! キリンを育ててダイエット!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女子は”育成ゲーム”にはめっぽう弱い。日々顔を合わせてコミュニケーションを取るほどに、心の癒やしとなり、いつの間にかキャラクターに対する愛が深まり、やがては抜け出せなくなる。愛とはかくも業の深きものだ。……ん? 閃いた! この「抜け出せなくなる感」をうまく利用してダイエットできれば、効果抜群じゃね?

今回は、「育成ゲームで体重を減らせちゃうダイエットアプリ」の紹介です。

「Tep」はZeaLab Products Korlatolt Felelossegu Tarsasag がリリースした、フィットネスサポートと育成ゲームが合体したアプリ。運動すればこのクリッとした目のキュートなキリンがすくすくと育つ。ただし、運動を怠けるとキリンの元気がみるみるなくなってしまう。

そう、Tepは、「この子を元気に育てていかなくては!」という責任感と母性に訴えかけることで、ダイエットを完遂させることを目的としたアプリなのだ。さらに、エクササイズすればコインが貯まっていき、アプリ内のショップでキリンのご飯や衣装が購入できるという、巧妙かつ絶妙な仕組み。これなら、今まで運動をサボリがちだった私も体を動かさざるを得ない。

“痩せるため”から”わが子を育てるため”のダイエット

というわけで、期せずして一児(キリン)の母となった筆者。実際に2週間「Tep」を使って、キリンを育てながらダイエットに挑戦してみた。……お母さん、がんばるからね!

使い始めは、ポップでかわいいキリンと、わかりやすい説明が表示される。キリンの名前は自分で付けることができ、筆者と共に過ごすこのキリンには、「むらびと」と名付けた。むらびとをタップすると、奇妙な動きをしたり、時折ハートが飛んだり、大きな目をぱちくりさせたりと、Oh……かわいらしい……。

エクササイズを始めるときには、歩くのか、走るのかなどを選択して、「GO」を押す。すると、上の画像(右)のように時間や消費カロリーをカウントし始める。運動を終えたら、「ストップ」。運動した時間に応じて獲得できるコインの数が変わるという仕組みだ。このコインは10分ほどの歩行でもきちんと稼げるため、なかなかアイテムが買えないということもなく、むらびとを順調に成長させることができた。「むらびとのご飯を食べている姿を見たい! この服を着せたい!」という思いから、気が付けば少しでも歩くようになった筆者。……お母さん、もっとがんばるからね!

このコインで購入できるアイテム、バリエーションも豊富でとてもかわいいのである。 コインでは食べ物や衣装のほかに、背景の購入も可能。かわいい背景などはそれなりにコインを消費するため、ほしいアイテムを目標にしてエクササイズに励むというのも継続するためのポイントだ。

では、運動をさぼるとどうなってしまうのだろうか? 意図的に(あくまでも意図的に!)、むらびとを放置してみた。

画面上に表示されているハートマークは、キリンの元気度のバロメーターになっている。通常であれば、少し減ったとしても食べ物を与えれば元に戻るのだが、気にせずさぼり続けていると座り込んで動きが鈍くなり、それからさらに放っておくと、とうとう寝そべって動かなくなってしまった。むらびとが衰退していく様子にとてつもなく心が痛む。さらに悪いことに、ちょうどこの時期、筆者の仕事が忙しくなってあまりアプリを開いていなかったのだが、久しぶりに開いてみると……。

……!

いま思えば、仕事のときは友達や母親にあずけることもできたかもしれない。いや、いっそ育休を取るべきではなかったのか……。仕事を優先させてしまったことへの後悔に駆られる筆者。そして誓う。二度ときりんにこんな思いをさせはしないと! お母さんにもういちど、あの愛らしい笑顔を見せてちょうだい、きりんちゃん!

というわけで、現在2ターン目の筆者、しっかりと継続してます。

こちらのアプリ、FitbitやJawboneなどのフィットネストラッカーとも連携していて、実は本格的な健康管理にも有効だ。”ちょこっとの運動”も習慣にしてくれるこのアプリで、この冬は「癒やしダイエット」をぜひ試してみていただきたい。

関連リンク

Tep – Motivating Fitness Game

関連記事リンク(外部サイト)

もうハマらない、途中でくじけない。最新のルンバはカメラとセンサーWi-Fiで賢く進化
書かない日記!? ICTは日記を変える
女性必見! ゲーム感覚で「続けられる」ダイエットアプリ3選

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP