体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スケールスピード500キロ超! 次世代玩具『リニアライナー』は父子2人がかりでお母さんを説得すべき逸品!?

スケールスピード500キロ超! 次世代玩具『リニアライナー』は父子2人がかりでお母さんを説得すべき逸品!?

最近リニアモーターカー関連のニュースをよく耳にするが、磁力を使って走る夢の超特急、リニアの技術を自宅で体験することができるおもちゃがある。その名もズバリ『リニアライナー 超電導リニア L0系 スペシャルセット』で、これはタカラトミーが2015年9月に発売したリニアモーターカーをモチーフにしたおもちゃだ。今回、タカラトミーを訪問して、この話題の商品を実際に動かしてきた。

linearliner2

まず、この製品最大の特徴は、本物のリニアモーターカーのように浮上して走行する点にある。実際に透けたレールの底をのぞくと、車両がわずかに浮いているのがわかる。これはレールの磁石と、リニアモーターカーの“L0系”をモチーフにした4両編成の車両内部の磁石との反発によって起きる現象だ。走行する場合は、高速磁気センサーが前方の円形磁石の磁力を感知し、車両内のコイルに電流が流れ磁界を発生させて前に進む仕組みになっている。

linearliner3

早速走行させてみようと、起動スイッチの代わりになっているステーション型のコントローラーに触ると、「本日は、リニアライナーをご利用いただき、まことにありがとうございます」とのアナウンスが。細かいところまで気が利いているぞ。さらに、レバーを操作すると「まもなく列車が発車します」の音声とメロディが流れ、車両は滑るように走りだした。

linearliner4

最初はかなりゆっくりで「こんなものか」と油断していたのもつかの間、あっと言う間に車両はスピードアップしていく。そのうちカメラでとらえるのが困難な速度まで上がり、思わず「速っ!」と叫んでしまったほどだ。

正直言って、以前、筆者が撮ったことのある“レッドブルエアレース”のレース用飛行機よりも、カメラでとらえることが困難だ。すると、ステーションからは「時速500キロメートル到達」というアナウンスと共に、搭載された液晶に速度が表示された。

linearliner5

実はこの『リニアライナー』は実車の90分の1サイズのため、実際の速度は時速6キロメートルだ。ただ、理論値として実際の大きさに直すと、スケールスピードとしての時速は540キロ出ていることになるのだという。ちなみに、製品に標準で付属するストレートレール6本、 カーブレール8本、ハーフレール2本を平らな場所(ココ大事!)でつなげた状態だと、時速600キロを超える走行が可能だ。

今回の取材に協力して頂いた、タカラトミー・大伴さんの話によると、レールの直線を長くすればするほど、摩擦がないためスピードアップしていくとのこと。以前イベントで全長50メールのコースを作った際は、時速1000キロを突破したそう。この速度を聞くと、まさに夢の超特急のミニチュア版といった感じで、モーター音もなく浮きながら走行する様は、おもちゃの新時代到来を感じさせるに十分だ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy