体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年末の大掃除!仕事がはかどるようになるデスクの整理術

f:id:tany_tanimoto:20151216145401j:plain

今年もあと1週間ほどで仕事納め。オフィスも「大掃除」をする時期ですね。

さて、あなたのデスク、今どんな状態でしょうか? 書類が山積み、引き出しを開けるとゴチャゴチャ…なんてことはないでしょうか。捨てられない資料がたまっていませんか?

年明け、新たな気持ちで出社したとき、気持ちよく仕事にとりかかれるように、そして仕事が効率よく進むように、しっかりと整理をしておきましょう。

そこで、整理収納アドバイザーの資格を持ち、「整理ist」として個人や企業の整理整頓をサポートする佐藤亮介さんに、片付けのダンドリとコツをお聞きしました。

スタート前に「何から」「どこから」を決める

まずは、片付けの段取りを決めましょう。

何から手をつけるか迷っている間に時間が過ぎていくタイプの人、あるいは、片付けに使える時間が限られていて、片付けを完了できないまま年末年始休暇に突入してしまう可能性が高い人などは、次の方法がオススメです。

1)付箋を用意し、1枚にひとつ、ストレスを感じていること、悩んでいること、解決したいことなどを書く。例えば「引き出しがグチャグチャ」「書類が山積み」「ファイルが探しにくい」「文具が多い」など。

2)書いた付箋をA4用紙に貼る。

f:id:tany_tanimoto:20151216143950j:plain

3)全部見渡して、優先順位をつける。「早く解決したい」「すぐできそう」など、自分の基準でOK。悩んだら、とりあえずベスト5だけ決める。

4)付箋を、優先順位の順番に重ね合わせ、1つの束にする。上から順番に着手し、解決したものはめくって捨てていく。

f:id:tany_tanimoto:20151216144008j:plain

この方法なら、1日に30分なり1時間の時間を決めて、1週間程度かけて進めていくことがしやすくなるでしょう。

なお、付箋を横に並べて貼ると、他の項目が目に入って「やっぱりこっち?」など気持ちが揺らぎ、はかどらなくなることも。付箋を重ね、最優先項目だけが目に入るようにすることで迷わず取りかかることができ、その項目に集中しやすくなります。

「全部集めてみる」「全部出す」で、自分の所要量を把握する

整理をする物・場所を決めたら、その対象をすべて「デスク上に出す」「1ヵ所に集める」のが基本ルール。文具や書類であれば、複数の引き出しに分かれて入っているもの、デスク上にあるもの、カバンに入っているものを集めて、デスクの上に広げます。

これにより、自分の目で、モノの所有量を把握します。「こんなに持っていたのか」と気づくことが大切です。

f:id:tany_tanimoto:20151216144053j:plain

整理する対象物を「選択する」「仕分ける」

デスク上に広げたものを、次の手順で、選択・仕分けしていきます。

1)「ゴミ」化したモノ、近い将来ゴミになりそうなモノを取り除く

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy