ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「私は猫の肉が好きです」日本人が間違えて使ってしまう誤解されやすい英語フレーズ10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビジネスや旅行などで慣れない英語を話す時、簡単な単語くらいなら相手にきちんと意味を伝えられると思っていませんか?

でも、実は昔学校で習ったような英会話も、少し間違えるだけでギョッとされてしまったり、文章自体は間違っていなくても、使うシーンを間違えるだけでとっても失礼な表現になってしまうこともあるんですよ。

今回は、英語初心者さんが間違えて使ってしまう、誤解されやすい英語フレーズ10選をご紹介していきます!

 

1.「I like cat.」私は猫肉が好きです。

photo by becauseimacat

 “I like chicken”が、「私は鶏肉が好きです。」という意味を持つように、“I like cat”は、「私は猫の肉が好きです。」という意味になってしまいます。

食文化は国によって違うので、日本人は猫肉を食べるの!?と驚かれてしまうかもしれません。 猫が好きだと表現したいのであれば、I like catsと複数形にするか、aをつけて特定の猫を指す表現にしましょう。

また、これは犬dogなどでも同じことです。動物が好きだと伝える場合は、sやaをつけるようにしてくださいね。

 

2. 「Do you drink?」あなたはアルコール中毒ですか?

photo by galleryhip

 ビジネスの場などで、お酒が好きかどうか尋ねる時に、“Do you drink?”と聞いてしまうと、ムッとされてしまうかも・・・。実はこの表現は「あなたはアルコール中毒ですか?」という意味に捉えられてしまいます。

そんな人間に見えるのか!?と相手を怒らせてしまわないように、“Do you like to have a drink?”と訪ねるようにしましょう。「お酒は好きですか?」という意味が相手にすんなり伝わりますよ。

 

3.「It’s okay!」まぁ許す!

photo by thelearningcommunity

 お礼を言われた時に「It’s okay!」と返すのは、しかたなしに「まぁ許す」「まぁいいよ!」という、上から目線で偉そうな印象を与えてしまいます。

特に普通のテンションでこの言葉を使うと「なんで不機嫌なんだ!?本心は何なんだ!?」と相手を混乱させてしまうことも。

どういたしましてという意味で返したいのであれば「It’s my pleasure.」を使うようにしましょう。

 

4.「Do you understand?」あなたお分かり?

photo by inumcconnect

  自分の英語が相手に伝わっているかどうか分からない時、“Do you understand?”を使ってしまうと、上から目線で「あなた意味分かってる?」という表現になってしまいます。

英語圏では教師が生徒に内容を理解しているかどうか聞く場合や、親が子供に説教する場合などに使われる表現なので、ビジネスや友人同士では使うことはありません。

この場合は、“Am I making sense to you?”「私の言っていることがあなたに伝わっていますか?」や“Do you know what I mean?”「私の言いたいことが分かりますか?」を使うと、謙虚に理解をしてもらえているかどうか尋ねることができます。

 

5.「I want to go cruising tonight .」今夜ナンパに行きたいな。

photo by hercampus

 旅行に出かけた時に行く機会の多いクルージング。でも、夜の予定を聞かれた時“I want to go cruising tonight .”と表現すると、cruisingはナンパや車で女の子を誘いに行きたいという意味を持っていますので「今夜はナンパしに行きたいな」という意味になってしまいます。

海でクルージングを楽しみたい場合は“I want to go cruising tonight .”「今夜はクルージングに行きたいな」と言うと、本来の意味が伝わりますよ!

 

6.「What time is it now?」“今”何時?

photo by locondo

 学校の授業などで最初の方に習う定番の英会話に“What time is it now?”「今は何時ですか?」がありますが、実はネイティブは殆ど使うことがありません。

このフレーズだと「今は」の部分が強調されて、何度も相手に時間を訪ねているような印象になってしまうからです。この表現を使うのは、例えばカップラーメンを作る時のように、時間を気にしなければいけない場合などに使用します。

普通に今の時間を訪ねたい時は“What time is it?”で聞くのが一般的です。

 

7.「Please help me!」(危険が迫ってるの)助けて!

photo by firemeibegyou

仕事で手いっぱいの時や、少し手を貸して欲しい時、 “Please help me!”を使ってしまうと、きっと「何事!?」と驚かれてしまいます。

ネイティブは“help me”を命の危険が迫っている時や、よっぽどのことがない限り使いません。

少し手を貸して欲しい時は“Could you help me out ?”(outを忘れると緊迫感が出てしまうので注意!)や“、「Can you give me a hand?」”を使うようにしましょう。

 

8. 「I have many boyfriends .」私には沢山の彼氏がいるの

photo by kamer360

 “boyfriend”は、日本では男友達という意味で表現されますが、女性が“have many boyfriends ”を使ってしまうと「私には彼氏が沢山いるのよ」という意味になってしまいます。

また、男性が “boyfriend”を使うと、ゲイだと思われてしまいます。 友人が沢山いると表現したい場合は、I have many male friends.「私は男友達が沢山いる」( male は男性)、I have many female friends.「私には女友達が沢山いる」( female は女性)と言うようにすると、本来の意味が伝わりますよ。

 

9.「I don’t know.」しらねぇよ

photo by tourdash

 聞かれたことが分からなかったり、予定が決まっていない時に“I don’t know.”を使うのは、不機嫌やぶっきらぼうに「しらねぇよ」と言っているように聞こえてしまいます。

“I’m not sure.”を使うと「良く分からないや」と言った柔らかい表現にすることができますので、普段はこちらを使った方が良いでしょう。

 

10. 「Why did you come to Japan?」なんで日本に来たの?

photo by huffingtonpost

「日本にどうして(どんな目的で)来たのですか?」と聞きたい時に、“Why did you come to Japan?” を使うと、「なんで来たんだよ、なにしに来たんだよ」という意味に捉えられ、相手に不快感を与えてしまいます。

“What brings you to Japan?”と聞くと、嫌みな感じなく聞くことができますので、会話を友好的に楽しみたい場合はこちらを使うようにしてくださいね。

それでも、やっぱり渡航の目的を親しくない相手に聞くのは失礼に当たりますので、もう少し丁寧に効きたいのであれば、  “May I ask you a question? ”「ちょっとお尋ねしたいのですが、教えて欲しいのですが」という表現を使うようにすると、より相手に丁寧な印象を与えることができますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?悪気なく使ってしまう言葉も、こうやって見てみると意外と誤解されてしまう可能性があるんですね。

折角のネイティブとの会話を楽しむ為にも、基本的なことをしっかりと抑えて、相手に不快感を与えないようにしたいですね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。