ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「カラミちゃんとマサラくん」 Vol.8 野菜も入るカラミちゃんおでん。スパイスを入れるだけで最後までポカポカ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

みんな集まれー♪

野菜も入るカラミちゃんおでんは賑やかな具の勢ぞろい☆

スパイスを入れるだけでポカポカ温まって最後まで美味しい

香りを引き立たせるコツさえ掴んじゃえば簡単!

 

こんにちはカラミちゃんです。寒い季節になりましたね。

鍋物は部屋も温まるし、簡単に調理できるので大好きです。

おでんの練り物はお魚のタンパク質もたくさん!

カラミちゃんのおでんではトマト、ジャガイモ、ピーマンなどの好きなお野菜も入れてしまいます。

くたくたになったトマトの甘みと酸味がスパイスと相性が抜群。

時間が経つほど味がギュッと染みて変化していくおでんは飽きずに最後まで美味しいですよ。

作り方はいつものおでんにスパイスを足すだけなのですが、香りを引き立たせるコツを教えちゃいます♡

今回のレシピのスパイスは前回ご紹介した(コチラを参照)カラミちゃんツナパハを使用します。(スリランカブレンドスパイス)

スリランカでも鰹節を使ったりするので和食との相性が抜群なの。

作るのが面倒な方や材料が手に入らない場合はガラムマサラで代用しても大丈夫です。

 

⬜︎材料⬜︎(4人前)

お好みのおでんの練り物            3〜5種類

トマト  (ヘタとって丸のまま)       大1個

大根   (下ゆでする)           1/4本

ジャガイモ(下ゆでして皮を剥く)       1個

ピーマン (種をとっておく)         2個

卵    (茹でて殻をむく)         2個

市販おでん出汁(鰹の関東風)         650ml

白ごま油                   大さじ3

⬜︎スパイス⬜︎

カラミちゃんツナパハ             大さじ2

レッドペッパー                小さじ1/4

⬜︎作り方⬜︎

1、材料の野菜の下ごしらえをしておきましょう!

(大根とトマトは十字に切り込みをいれておいてね)

2、お鍋に白ごま油をひきます。

油が温まったら弱火にして(スパイスが焦げないためよー)カラミちゃんツナパハとレッドペッパーを加えます。

ここ注目〜!!油にスパイスを溶け込ませ、なじませるようにじっくりと弱火で炒めていきます(3〜5分くらい)

スパイスの香りはここで眠りから覚めるの!(焦がさないように注意してね)

3、そこに温めたおでん出汁を入れます。

4、おでんの具を並べていれ蓋をします。

(お出汁を吸って種が膨らむからパンパンに詰めると溢れちゃうよー)

5、グツグツとおでんに味がしみたら完成です☆

いつものおでんも少しのスパイスで一味違った楽しみ方ができますよ。

スパイスは入れすぎたり強すぎたりするとしつこくなってくるので分量のスパイスを丁寧に香りを引き立たせてあげれば、あとは煮込んでいるうちに味が深くなってくるので最初にあまり濃味にしないほうが良いかと思います。

是非、人が集まる時などにも喜ばれるので作ってみてください♪

カラミちゃん

世界中には沢山のスパイスがあります。

甘い香りや、ピリッとした刺激。

美味しくて、元気になるし、なんと恋にも効く!

胃腸の弱いマサラ君には食欲増進効果もあります。
スパイスは金と同価でもあった、まさに人間の根幹。自然が生んだ薬です。

そう実感してから、日々研究してきたスパイスの効能やレシピなどをお伝えしていきたいと思います。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP