体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

12/21付ビルボードジャパンチャートおよび12/7~12/13 RADIO ON AIR DATA発表

12/21付ビルボードジャパンチャートおよび12/7~12/13 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による12月21日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年12月7日〜12月13日)および2015年12月7日〜12月13日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

AKB48「唇にBe My Baby」3部門で1位、ビルボード総合首位獲得!「365日の紙飛行機」も総合6位に

初代総監督・高橋みなみのラストシングルであるAKB48「唇にBe My Baby」が、シングル・セールス1位、ルックアップ1位、Twitter1位と3部門で1位となり、大差をつけて総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。同曲はラジオでも21位、ダウンロードで14位と好調な出足を見せている。一方、カップリングのNHK連続TV小説『あさが来た』主題歌「365日の紙飛行機」は、シングル盤のリード曲ではないためシングル・セールスのポイントが付かないのにも関わらず、ラジオ79位、ダウンロード3位、Twitter12位となっていて、特に「唇にBe My Baby」以上のダウンロードが牽引し、先週の100位から総合6位に急伸した。

地上波TVなどメディア露出の効果を受けて、コブクロ「未来」とジャスティン・ビーバー「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」のYouTubeの国内週間再生回数が急増している。共に130万回を超える再生回数をマーク、特にコブクロはTwitterポイントも増加させており、シングル・リリース直前の期待を裏切らないチャート・アクションとなっている。

今週総合アルバム・チャートHot Albumsで首位となったback numberの「クリスマスソング」は引き続きラジオで3週連続で1位。ダウンロード、ルックアップ、Twitterでも上位をキープ、ロング・ヒットに陰りは見られない。

また12月11日からスタートしたBillboard JAPAN Music Awards2015。そちらでは年間チャートの100曲を対象としたTwitter投票の呼びかけを行っており、コア・ファンが呼びかける形で東方神起「サクラミチ」とSKE48「前のめり」が早くも激しい首位争いを始めている。それにより両曲のTweet数も増加、Hot100の週間チャートにも影響を与える結果となった。31日までTwitter投票は続くため、次週以降は多くの対象曲のTwitterに同じく影響することが予想される。

A応P『おそ松さん』主題歌が返り咲きビルボードアニメチャート首位に

6曲が初登場となった今週のビルボードアニメチャート。そんな中、2週ぶりに首位に返り咲いたのがA応Pの「はなまるぴっぴはよいこだけ」。『おそ松さん』の主題歌であり、アニメ本体とともに話題性抜群の同曲は、今週デジタルセールス3位、Twitter 2位、Youtube 1位と相変わらずの強さを誇り他曲を退けた。注目したいのはCDセールスでも8位と、デジタル以外の部分でもしっかり結果を残している点。引き続きヒットが見込まれる一曲となっている。

今週2位は秦 基博「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)。既に1年以上にわたってアニメチャートの常連となっている人気曲だが、今週16日には同曲を収録した秦の新アルバム『青の光景』が発売となる。もちろんヒットした曲が、その後のアルバムに収録されること自体は少なくないが、これほどのロングヒットが1年以上を経てアルバムに収録されるということに、逆説的に、秦がどれほどの時間を掛けてアルバムを作ったのかが表れているようで興味深い。次週以降、ルックアップのポイント等でさらに高ポイントを積み上げ、順位を上げる可能性すらある一曲だ。

12月16日発売のFlower「瞳の奥の銀河(ミルキーウェイ)」(『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』エンディング)は、CD発売前にしてデジタルセールスの先行などが効き4位にチャートイン。指標別に見ても、やはりデジタルセールスで1位となっており話題作りの巧みさが感じられる。その他、今週3位となったやなぎなぎ「オラリオン」(『終わりのセラフ 名古屋決戦編』エンディング)はデジタルセールス2位と健闘。6位のWake Up,Girls!「Beyond the Bottom」(『劇場版Wake Up,Girls!Beyond the Bottom』主題歌)は映画との関連でTwitterポイントで1位となっており、それぞれの得意領域を活かした戦いを見せている。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy