ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世良公則、60歳アニバーサリーライヴに奥田民生&宮田和弥のゲスト出演が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世良公則が、60歳の誕生日である12月14日に、都内ホテルグランドパレスでプレミアムバースデーイベントを開催した。イベントには、抽選で選ばれた限定100名が招待された。

世良公則初のトークライブで、学生時代からの盟友でツイストメンバーの神本宗幸や松本タカヒロをゲストに迎え、デビューから現在までのとっておきの秘話をファンの前で披露した。特にデビューのきっかけになった、1977年11月の東京・日本武道館で行われた第8回世界歌謡祭グランプリ受賞の前日の様子など、ファンにはたまらないエピソードを語った。

会場のホテルグランドパレスは、実は世良にとってのゆかりの場所で、当時の世界歌謡祭出演者宿泊ホテルであり、アーティストスタンバイルームでもあったのだ。その思い出の場所でのバースデーイベントに世良も感慨ひとしおの様子で、まだ大学生だった世良は、前夜のリハーサルにも関わらず大熱唱した結果、喉を痛めてしまい、声が出ない状態になってしまった。その時、世界歌謡祭司会であった坂本九氏から焼いたネギをタオルに巻いて安静にすることをアドバイスされ、その通りにして本番に臨んだという知られざるエピソードを初めて口にした。

また、イベントの途中では、つるの剛士が60本のバラの花束を手にサプライズ登場。今年のアニバーサリーイヤーの記念シングル「いつものうた」でデュオした“相棒”がお祝いにかけつけた。つるのは、「アニバーサリーの日に直接お祝いが出来て本当に嬉しいです!いつまでもカッコイイ姿が僕らの道標です。(陶芸仲間として)一緒に焼いて行きましょう。おめでとうございます!」と祝福し、世良からは「息を吸って吐くように自然に音楽や芝居をして、ファンの皆さんとも絆を深めたい。」と語った。

イベント終盤では、デビュー当時の歌番組出演秘蔵映像も上映され、デビュー以来世良自身も見ることがなかった当時の自分と初めて対面した。その映像は、日本の音楽・ロックシーンにおいてロックがメジャーになることを世に知らしめることを予見するかのような、パッションとファッションに満ち溢れた歌唱映像で、会場は熱気に包まれた。

イベントラストには、世良自身から2016年2月6日から始まる全国ホールツアーの初日にあたる福岡公演にスペシャルゲストとして奥田民生と宮田和弥の参加を発表した。会場からは驚きと歓声が巻き起こり、世良自身も「世代を紡いでいく彼らのような若さを感じさせてくれるロックンローラーの血と我々の血を混ぜあわせて、このライブをやりたい。」と意気込み、プレミアムなバースデーイベントは、大盛況の中終了した。

ライブ情報
世良公則 60th Anniversary LIVE 「Birth」 ~タカガウマレタヒ~ 福岡公演
日時:2016年2月6日(土)19:00開演(18:00開場)
会場:福岡サンパレスホテル&ホール
出演者:世良公則/GUILD9(Gt.野村義男、Dr.横瀬卓哉、B.櫻井哲夫、Key.神本宗幸)
ゲスト:つるの剛士
スペシャルゲスト:奥田民生 / 宮田和弥
チケット:S席 8,000円

<プレイガイド>
・イープラス:http://eplus.jp/sera_masanori/
・ローソンチケット:http://l-tike.com/(Lコード:83734)
・ぴあ:http://pia.jp/(Pコード:277-850)

<お問い合わせ>
TBSラジオイベントダイアル:03-5570-5151
TBSラジオイベントナビゲーター:http://www.tbs.co.jp/radio/event/music/M11047/M11047.html

関連リンク

世良公則オフィシャルサイトhttp://seraproject.com/
Facebook公式ページhttp://www.facebook.com/masanorisera1977

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP