体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パリとNYの違いを表した「イラスト19枚」

1da0896305cc4a175e88ecade81e

フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分けている彼が、それぞれの違いをミニマルでカラフルなイラストで表現しました。

01.
“光の都”パリ
“ビッグアップル”NY

parisnewyork2

「花の都」と形容されるパリですが、フランスではヴィル・リュミエール(光の都)と呼ばれています。ご存知「ビッグアップル」こちらの由来は諸説あり、大恐慌時代多くの失業者がNYでリンゴ売りをしていたから説が有力です。

02.
トレンドを引っ張るのは彼ら?

parisnewyork3

最近、日本のファッション誌でも見かけるようになった「ボボ」って何?これは、bourgeois bohemian(ブルジョワーズ・ボヘミアン)の頭文字をとった造語。何不自由なく気ままに暮らす人々の意。NYで言うところの“ヒップスター”だということのよう。

03.
地下鉄の切符からも
規模の違いが明確

parisnewyork1

パリのメトロは、1900年のパリ万博に合わせて開通。現在14号線まであります。それから4年遅れで開通したNY。現在は33路線で運行。規模も違えば、切符のデザインも違います。

04.
デザインで見てみると…

スクリーンショット 2015-12-16 13.41.17

現代アートを代表する二大ミュージアム。

05.
エスプレッソ派?
アメリカーノ派?

スクリーンショット 2015-12-16 13.22.53

このサイズ感の違いって、何なのでしょう?

06.
食べ歩きに向いているのは
NYスタイルかな?

スクリーンショット 2015-12-16 13.23.36
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。