体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

建てたい人は知っている「2020年の省エネ基準適合住宅の義務化」とは?

建てたい人は知っている「2020年の省エネ基準適合住宅の義務化」とは?

リクルート住まいカンパニーの「2015年注文住宅動向・トレンド調査」によると、注文住宅を検討している人では、「スマートハウス」や「ZEH」はもちろん、「2020年の省エネ基準適合住宅の義務化」についても7割近くが認知しているという。さて、皆さんはどこまでご存じだろうか?【今週の住活トピック】
2015年注文住宅動向・トレンド調査」を発表/リクルート住まいカンパニー「スマートハウス」は87.3%、「ZEH」は56.8%の認知率

調査対象は、1年以内に注文住宅を建築した人(建築者)および、今後2年以内に注文住宅の建築を検討している人(検討者)。

検討者に対して、以前から話題になっていた「スマートハウス」や、最近政府が力を入れている「ZEH(ゼロエネルギーハウス)」などについて、下記のような定義を示したうえで、認知度を調査したところ、いずれも高い認知率(画像1)となった。

■スマートハウスに関する設問においては、調査対象者に下記を提示の上、回答

スマートハウスの定義
1.省エネ:省エネ等級4 or トップランナー基準 or 次世代省エネ基準をクリアしていること
2.創エネ:太陽光発電・家庭用燃料電池エネファームなどの自家発電装置を使用していること
3.蓄エネ:鉛・リチウムイオン・PHVなどの電気をためておける仕組みがあること、または、現在研究開発中であることを言及できること
4.HEMS:ITを使ってエネルギーを集中コントロールする機器で電気の利用状況が可視化されていること
→スマートハウスは、上記4点の組み合わせにより構成される

■ZEHに関する設問においては、調査対象者に下記を提示の上、回答

ZEH(ゼロエネルギーハウス)の定義
建築・設備によって減少したエネルギー消費量と、太陽光発電を代表とする住宅や設備によって創りだされたエネルギーの合計がその建物で消費される標準のエネルギー量と等しい、または多い住宅

【画像1】スマートハウス/ZEHの認知率(全国・検討者)(出典:リクルート住まいカンパニー「2015年注文住宅動向・トレンド調査」)

【画像1】スマートハウス/ZEHの認知率(全国・検討者)(出典:リクルート住まいカンパニー「2015年注文住宅動向・トレンド調査」)

「スマートハウス」の認知率はかなり高い87.3%。さすがに以前から話題になっていただけあって、認知率は9割近いのだが、スマートハウスの鍵を握るのは「HEMS」なので、それとの認知率に差がある点が気になるところ。スマートハウスの「内容まで知っている」が22.2%にとどまっていることから、HEMSとの関係性までは理解が進んでいなかったということだろうか。

一方、「ZEH」の認知率は56.8%だ。今、政府も大手ハウスメーカーも力を入れているのが、このゼロエネルギーハウスなので、注文住宅を検討している人の半数が知っているというのは、うなずけるものがある。

また、スマートハウスやZEHを実際に導入した建築者に対して、住んでみての満足度を聞いたところ、「スマートハウス」で91.4%、「ZEH」で89.7%と高い満足度を示している。「2020年の省エネ基準適合住宅の義務化」は67.0%の認知率

この調査結果で最も意外だったのは、「2020年の省エネ基準適合住宅の義務化」の認知率が67.0%と高かったことだ。内容をある程度知っているという「内容認知」率では27.4%まで下がるが、それでも高い認知率といえるだろう。

【画像2】2020年の省エネ基準適合住宅の義務化への認知(全国・検討者)(出典:リクルート住まいカンパニー「2015年注文住宅動向・トレンド調査」)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy