ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悪口は尾ひれがつくもの スルーして反対の態度を取るのが○

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 悪事千里を走るとはよく言ったもの。悪口の言い方を失敗したばかりに、気まずい立場に追いやられてしまった惨めな人も多い。たとえば32才主婦のAさんのケース。

「ママ友仲間とランチをしている時のこと。そんなにイヤだと思っていなかったSさんについて、面白おかしく話を盛って悪口を言ったんです。そしたら、盛り上がって…。その後、Sさんが仲間から外されたんです。私のせいだと、後悔しました」(Aさん)

 精神科医・臨床心理士で『悪口を言う人は、なぜ、悪口を言うのか』(ワック)などの著書がある和田秀樹さんは、こうアドバイスする。

「同じコミュニティー内で悪口を言う場合は、せめてボスママなど、立場が上の人を槍玉にあげるとよかったですね」

 陰湿ないじめにならないよう、注したいところだ。

 一方、42才会社員の女性Bさんの場合。

「“陰で悪口を言わない”をポリシーにしている私。間違いだと思ったことを、本人に直接、『そういう人を見下した態度が、いやな感じを与えるんだよ』と指摘したら、恨みを買ってしまい、自分の悪口をあらゆるところで吹聴されて…。悔しいっ!」(Bさん)

 こんなBさんに和田さんは、「欠点を直球で指摘するのは、けんかを売る行為。単なる自己満足です。こういう場合は、相手のためを思った言い方を。言葉はオブラートにくるんで慎重に」と助言する。

 では、逆に自分が悪口を言われていたことを知ってしまったら、どうすればいいのだろうか?

「悪口や噂話は尾ひれがついて回るもの。話半分に聞いておきましょう」と、話すのは、精神科医の高木希奈さん。

 また、和田さんも「悪口はすぐに消えてしまうもの。スルーするのが大人の対応です。また、悪口と正反対の態度を取るのも手」とアドバイスする。しかし、事実ではなく不名誉なことが噂として広がっている場合は別。

「噂のなかに事実があればそこだけ認め、間違っていることは正しましょう」(高木さん)

 人の噂も75日。持ち回りで言われていると思って、気にしないこと!

※女性セブン2015年12月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
杉村太蔵 ネットの評判に「悪口言う程見てくれて有り難い」
悪口で絶対に踏み込んではいけない領域は「人格」「育ち」など
韓国の悪口は種類が豊富 「糞尿で揚げて殺すべき奴」他紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP