ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野球賭博疑惑選手が出入りした焼き肉店店長 騒動発覚後失踪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 流行語大賞に「トリプルスリー」(打率3割・本塁打30本・30盗塁)が選ばれるなど、2015年のプロでは両リーグでトリプルスリー誕生(ヤクルト・山田哲人とソフトバンク・柳田悠岐)という明るいニュースに沸いた。その一方、野球賭博問題という暗い話題がシーズン終了間際に持ち上がり、話題そのものは多い年だった。表も裏も知り尽くす記者たちが、その裏話を明かす。

スポーツ紙パ・リーグ担当記者A:さてペナントレースはソフトバンク(SB)の独走とセ・リーグの弱さだけが目立ちました。交流戦でセの6球団すべてが負け越しなんて前代未聞ですよ。トリプルスリーが両リーグで出るなど話題は多い年でしたけどね。

スポーツ紙遊軍記者B:でもシーズン終盤の巨人の博事件で皆吹っ飛んじゃいましたね(笑い)。関与していた3選手が解雇される形で幕引きのようになっていますが、謎は多い。

スポーツジャーナリストC:実は某球団の主力選手の一部が裏カジノに出入りしているという情報があって、そこの経営者が球団事務所に呼ばれ、防犯カメラの映像を出さないように交渉されたと聞いています。

スポーツ紙セ・リーグ担当記者D:野球賭博をやっていた選手たちが出入りしていた都内の焼き肉店の店長をしていた元球界OBが、事件発覚と同時期に失踪、店が改装に入ったのも意味深で笑った(笑い)。

B:『週刊ポスト』が書いたセ球団大物コーチの賭博関与疑惑(11月6日号)。あの記事が出た後、そのコーチは球団に辞意を申し出たらしい。球団は慰留したそうですけどね。

C:しかし一番驚いたのは、張本人の笠原将生投手が草野球のチームに入って11月の試合で投げていたことだね。現役バリバリの剛速球で抑えていた。当然といえば当然だけど(笑い)。

D:巨人はペナントでもピリッとせず、ベストナインに1人も選ばれなかった。これは2年連続でBクラスに終わった2006年以来。確かに主力の成績は散々で、特に戦犯とされた村田修一の契約更改会見はスキャンダルが発覚した謝罪会見みたいでした(笑い)。

 村田は2007年の横浜時代から年末にファン300人以上を集める『村田サンタと愉快な仲間たちのクリスマスパーティ』を開いてきたんですが、サンタどころじゃないから今年は中止みたいです。

C:高橋由伸新監督も大変だね。就任会見では「原野球を継承する」と宣言していたけど、早速これじゃダメだと思い始めたのか、独自色が出てきた。これまでのキャンプでは、原辰徳前監督がバッティングケージ裏の「原タワー」に座って、評論家や女子アナを横に座らせて談笑するシーンが名物だった。でも今年はその原タワーが2日目には撤去された。

 高橋監督によれば「選手を上から目線で見るのは失礼」とのこと。周囲は「新監督は意外と骨がある」と高評価ですけどね。

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
ソフトバンク秋山監督 大胆采配のルーツは高校時代の被弾
阪神真弓監督の放任采配 原点は高校時代のまさかの1回戦負け

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。