ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西田敏行、加山雄三ら大御所 CMやTVでのおとぼけぶりが話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大御所のスターといえば、ひとたび登場すれば、緊張感が高まり、画面を引き締める抜群の存在感を発揮するが、それだけにときにコミカルな表情を見せれば、大きなインパクトとなり、笑いにつながる。2015年、そんなスターたちの活躍が目立ったという。コラムニストのペリー荻野さんが大御所たちのおとぼけシーンを振り返る。

 * * *
 一年を振り返るこのシーズン。今年一年、テレビを見て感じたのは、芸歴数十年の重鎮俳優たちがくすりと笑わせてくれるおとぼけシーンが目立ったことだ。
 
 朝ドラ『まれ』には、中村敦夫と田中泯、重鎮ふたりが出演。輪島塗のベテラン弥太郎(中村)は物語の中盤、自作の展示会のため横浜に乗り込む。その横にはなぜか塩づくりの名人元治(田中)の妻で口が悪い文(田中裕子)が。弥太郎は「文ちゃんとディナーや、ほなら!」と超ご機嫌。一方、「弥太郎さんと旅に出ます」と置手紙された電気もつけない部屋でがっくり。芸能界のW強面重鎮が泣いたり笑ったりがっくりしたりのとぼけっぷりが印象に残る朝ドラであった。

 また、「この人なら間違いない!」と毎回笑わせてくれたのは『釣りバカ日誌』の西田敏行。先日の最終回でもやってくれた。いろいろあって、ホテルの一室で白いガウンを羽織って、やれやれと一休みするスーさん(西田)とみち子(広瀬アリス)。そこに押しかけてきたのはみち子の父(石黒賢)とハマちゃん(濱田岳)だった。ガウンの二人を見て「そういうことなの!?」と怒り心頭の父は「ち、違いますから」と言うスーさんを叩きのめして大騒動。西田スーさん、お見事。

 一方、CMでは、意外な展開が。『マルちゃん正麺』のCMは、ずっと役所広司が「うそだと思ったら食べてください」と堂々とした存在感を示していたが、今年、突如、それが侍バージョンに。

 林の中で一心不乱に剣術修行する、眼光鋭い侍(役所)。その姿は、かつて主演した『最後の忠臣蔵』などを彷彿とさせるが、なぜかその侍が「ただいま~」と気の抜けたような声で玄関から帰宅。キッチンではエプロン姿の美人妻が出迎え、ふたりでにこにことマルちゃん正麺を食するのである。ちょんまげ役所はうれしそうにラーメンをすすり、「うそだと思ったら、食べるでござる」。ござるって…。

 大真面目な役所侍に笑っていたが、そのライバルともいうべき存在が現れた。日清どん兵衛シリーズの『どんばれ』の加山雄三だ。囲炉裏端で弟子の佐藤健が「どんばるとは」と師匠のどん兵衛(加山雄三)に問うと、かき揚げを揚げる師匠は「わからんか、わしもわからん」そこに鬼が襲い掛かり、師匠は大根で見事撃退。それで終わるのかと思ったら、なんと師匠は鬼かき揚げ入り「どん兵衛」になっていて「幸せだなあ」とつぶやくのである。なんなの、このシュールな展開!?
 
 このコンビの年末バージョンは、さらに複雑に。旅を続ける佐藤に、背中から「腹減ったろ」と声をかけるどん兵衛師匠。健がどん兵衛をすすろうとすると、湯気になって加山雄三の姿が!「うどんと蕎麦とどっちが好きだ」と問いかける湯気師匠に答えられない健。すると師匠は「あの女子に聞いてみろ」と通りかかりの村娘(清水富美加)の後を追わせる。怪訝な顔の娘に健が声をかけるのをためらっていると、懐の中のどん兵衛師匠が「ねえねえ、うどんと蕎麦、どっちが好き?」調子のいい声を出し、怯えた娘が逃げて行ったあとも「年越しは蕎麦だよね、バーソー、バーソー」とご満悦だ。
 
 加山雄三はお散歩番組を卒業、次になにをするのかと思ったら、どんばるどん兵衛になっていた。今年のおとぼけ重鎮・オブ・ザ・イヤーは加山雄三に決定! うれしいかどうかはわからないけど、加山さん、おめでとうございます!!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
加山雄三 「僕は若大将になるために生まれてきたんだ」と述懐
NHK紅白歌合戦珍事件 加山雄三の「仮面ライダー事件」とは
日清どん兵衛トリビア 東西日本のつゆの分け目は「関ヶ原」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP