ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

A応P『おそ松さん』主題歌が返り咲きビルボードアニメチャート首位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫
A応P『おそ松さん』主題歌が返り咲きビルボードアニメチャート首位に

 6曲が初登場となった今週のビルボードアニメチャート。そんな中、2週ぶりに首位に返り咲いたのがA応Pの「はなまるぴっぴはよいこだけ」。『おそ松さん』の主題歌であり、アニメ本体とともに話題性抜群の同曲は、今週デジタルセールス3位、Twitter 2位、Youtube 1位と相変わらずの強さを誇り他曲を退けた。注目したいのはCDセールスでも8位と、デジタル以外の部分でもしっかり結果を残している点。引き続きヒットが見込まれる一曲となっている。

 今週2位は秦 基博「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)。既に1年以上にわたってアニメチャートの常連となっている人気曲だが、今週16日には同曲を収録した秦の新アルバム『青の光景』が発売となる。もちろんヒットした曲が、その後のアルバムに収録されること自体は少なくないが、これほどのロングヒットが1年以上を経てアルバムに収録されるということに、逆説的に、秦がどれほどの時間を掛けてアルバムを作ったのかが表れているようで興味深い。次週以降、ルックアップのポイント等でさらに高ポイントを積み上げ、順位を上げる可能性すらある一曲だ。

 12月16日発売のFlower「瞳の奥の銀河(ミルキーウェイ)」(『金田一少年の事件簿R(リターンズ)』エンディング)は、CD発売前にしてデジタルセールスの先行などが効き4位にチャートイン。指標別に見ても、やはりデジタルセールスで1位となっており話題作りの巧みさが感じられる。その他、今週3位となったやなぎなぎ「オラリオン」(『終わりのセラフ 名古屋決戦編』エンディング)はデジタルセールス2位と健闘。6位のWake Up,Girls!「Beyond the Bottom」(『劇場版Wake Up,Girls!Beyond the Bottom』主題歌)は映画との関連でTwitterポイントで1位となっており、それぞれの得意領域を活かした戦いを見せている。

関連記事リンク(外部サイト)

12月21日付 Billboard JAPAN HOT Animation
AKB48「唇にBe My Baby」3部門で1位、ビルボード総合首位獲得!「365日の紙飛行機」も総合6位に
back number、大躍進の2015年は総合アルバムチャートでも1位獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。