ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第1位は実力派ヴァイオリニスト石川綾子によるアニソンカヴァーアルバム『ANIME CLASSIC』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

第1位は実力派ヴァイオリニスト石川綾子によるアニソンカヴァーアルバム『ANIME CLASSIC』

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位はヴァイオリニスト石川綾子による『ANIME CLASSIC』がチャートインした。世界各国のコンクールにて受賞歴を持ち活躍する石川綾子が広くネット上で有名になるキッカケとなった、アニメソング、ボカロ、J-POPの演奏動画のなかから、アニメソングにスポットを当ててリリースするカヴァー・アルバムとなる。タワレコでのインストアイベントも12月23日に予定されているが、渋谷や新宿で無く秋葉原店での開催というところに、ファン層を感じさせる。

 第2位は今週で6週連続のチャートインとなっている清塚信也のピアノ・ソロ・アルバム『あなたのためのサウンドトラック』。首位は奪われたものの勢いは失っていないことを示すチャートインとなった。12月はピアノリサイタルに舞台など、出演が目白押しだけに、今後のチャートインも期待される。

 サラ・オレインのサードアルバム『f』は今週で3週連続でのチャートインを果たすも、1位、2位、3位と順位を下げてのチャートインとなった。12月下旬にはJ-WAVE出演やピーボ・ブライソンとの共演の放送が待っており、2016年1月21日からはアルバムリリースを記念したコンサートツアーが予定されており、ますますの追い上げが待たれる。

 その他、少年合唱団のリベラ新譜『天使のくれた奇跡』が上位チャートインの記録を伸ばし、今週で5週連続となるほか、五嶋龍も新譜『レジェンド』が6週連続のチャートインとなった。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

12月21日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
AKB48「唇にBe My Baby」3部門で1位、ビルボード総合首位獲得!「365日の紙飛行機」も総合6位に
back number、大躍進の2015年は総合アルバムチャートでも1位獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。