ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界初の64ビットコンピューターボードが人気沸騰】iPhone 6S並みのサイズ、値段もわずか15ドル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このところ、どんどんと進化するコンピューターはまた、どんどんと小型化が進んでもいる。

・世界初の拡張可能な64ビットコンピューターボード

「PINE A64」は、大きさがiPhone 6Sほどのコンパクトさながら、世界初の64ビットCPUで、拡張可能なQuad Coreシングルボードスーパーコンピューター。

PCにタブレットにメディアセンターに……幅広く使える性能でありながら、価格はわずか15ドルというから驚きだ。

専門のエンジニアから趣味人、学生から教師、発明家まで、あらゆる人に向けて開発された、リーズナブルかつフレキシブルなコンピューターボードで、用途は無限に広がる。

・Raspberry Piと比較して性能もグッド、値段も安い!

「PINE A64」の性能は以下。Quad Core ARM A53、64ビットプロセッサ、CPUスピードは1.2ギガヘルツ。Raspberry Piなど32ビットのものに比べ、20~30%もすぐれたパフォーマンスを発揮する。しかも、Raspberry Piと比べて単価も安い。

CPUタイプはデュアルコアのMALI-400 MP2で、グラフィック性能も申し分なく、USB2.0、HDMIは4K対応。

・2タイプを用意

「PINE A64」には、“PINE A64”“PINE A64+”の2タイプがあり、“PINE A64”はデフォルトで2つのUSBポート、HDMI出力端子、3.5mm Audio/Mic出力端子などを搭載。

“PINE A64+”ではさらに、追加で3つのポートが設置されていて、カメラモジュール、タッチパネルモジュール、液晶パネルポートなどを接続できるようになっている。

「PINE A64」をキーボードやマウスと接続すれば、Android 5.1コンピューターとして使用でき、Chromeブラウザを立ち上げたり、Microsoft WordやExcel、Powerpointなどの書類やデータを作成したり、YouTubeの動画を閲覧したりと、さまざまな使い方ができる。

もちろん、大きなスクリーンに接続して、大画面でゲームを遊ぶのもよし。

・Kickstarterですでに目標金額の15倍超え

「PINE A64」を入手したいなら、クラウドファンディングKickstarterのプロジェクトページにアクセスしてみよう。2016年1月23日まで出資を募集しており、目標金額の15倍を超えるなど人気沸騰中だ。

PINE A64

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP