体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

政府に内緒で、6万人に「インターネット」を届けた男性(ネパール)

Hiking01--01-_for_emails-1038x576

ネパールの山奥に暮らす一人の教師が、インターネット環境のない村にワイヤレスネットワークを導入しました。それも政府に内緒で。今から13年前のことです。

オーストリア人ディレクターClemens Purner氏によるドキュメンタリー動画を紹介します。

メールチェックのために
2日間かけて山道を歩く

スクリーンショット 2015-12-14 19.50.07

ネパールで教師として働くMahabir Pun氏は、インターネットが接続できる環境から遠く離れた山村に住んでいました。彼は、メールのチェックをするために近隣の大きな町(ポカラ)まで、2日間かけて山を越えていかねばなりませんでした。

これまで6年間、Pun氏は毎月山を越えて、往復4日間の道のりを歩き続けていたのです。

スクリーンショット 2015-12-14 18.50.31

「自分の町にインターネットがあれば…」ついに彼は、環境を変える決心をしました。

2001年、Pun氏は何のつてもないまま「BBC」にメールを送ります。自分の暮らす山村(ナンギ村)で、インターネットの接続ができるよう援助が得られないか、と嘆願しました。雲をつかむような可能性だったはずです。ところが、何度目かメールを送った後、ついにBBC側から返信が。

「ネットを繋げたい」その熱意に
ボランティアがやって来た

スクリーンショット 2015-12-14 19.52.11 スクリーンショット 2015-12-14 19.49.09

「なぜ、ネットワークを繋げたいのですか?」
「山奥の僻地に暮らしているから」
「どのくらい環境は整っていますか?」
「古いコンピューターのパーツを分解し、木箱で自作のデスクトップを作ったところ」

Pun氏の熱意はBBCを動かしました。2001年、彼の活動や山村の現状を紹介する記事がBBCから発信、すぐに「力になりたい」とボランティアが彼の元へと駆けつけてきました。エンジニアとメールを交わし、ポカラからインターネット信号を無線機器で受信するという解決策が伝授されました。ところが、専用のアンテナはありませんでした。

そこで、テレビ用パラボラアンテナで代用。こうして、2002年5月。山頂に設置したアンテナが、ついにワイヤレス・シグナルを受信したのです。

地域医療、教育、
人材育成に大きく貢献

スクリーンショット 2015-12-14 20.22.50
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。