ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オフィスにほしい!乗るだけでカロリーを消費してくれる「サーフボード」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Wurf Board」の上でサーフィンするだけで1時間のカロリー消費率が32%(平均168キロカロリーほど)もアップ!と言われてもなんのこっちゃかもしれませんが、基本的な使い方は地面にボードを敷いてその上に立っているだけでOK。

床サーフィンで
エクササイズ!


お察しの通り、空気圧を変えてムニッと柔らかさを持たせることで、あえてアンバランスな床を作り出しています。とは言えグラグラするわけでもないので自分の意思でストレッチできます。

足腰への負担を軽減!

「スタンディングデスクを実践しているんだけど、すぐに関節が痛くなるんですよ」

とは開発者の言葉。ですが、このボードを使えば数時間立っていても大丈夫だったそう。棒立ちで血流が止まってしまうことも防げるし、関節への負担も和らぐのだとか。

もちろんオフィスだけでなく自宅や外でも使えます。



サイズは3つ





Kickstarter」で資金調達中の「Wurf Board」は、190ドル(約2万3千円)で販売予定。今なら159ドル(約1万9千円)から事前予約できます。

立ち仕事のときに使うと足の裏のマッサージにもなって気持ちよさそう。サーフボードみたいな見た目もかわいいですよね♪

Licensed material used with permission by Wurf

関連記事リンク(外部サイト)

驚くほど簡単!イスに座ったままできる「ストレス解消法・12選」
76%の社員が「オフィス外」での仕事の方が生産性が上がると回答 (米調査)
【共感の嵐】A型あるある22選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP