ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに寒気襲来!トップバリュ『洗える羽毛掛けふとん〈ポーランド産マザーグース93%〉』で冬支度!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本や東北をはじめ、日本全国にいよいよ寒波が押し寄せている! 暖冬といってもやはり冬は寒いことを思い出さずにはいられない。今こそ、あたたかい羽毛ふとんで良質な睡眠をとり、一年の疲れを癒したい。そんな人におすすめなのが、『洗える羽毛掛けふとん〈ポーランド産マザーグース93%〉』。希少な羽毛を贅沢に使ったとびきりの掛けふとんだ。

 

羽毛にも、生地にもこだわった掛けふとん!

羽毛ふとんがあたたかい理由は、素材の内部に空気を多く含むから。空気は冷気を通しにくく、高い保温力・保湿力を持つふとんに仕上がる。羽毛の原料となるのは水鳥だが、その希少性は高まる一方。この冬イチオシの『洗える羽毛掛けふとん〈ポーランド産マザーグース93%〉』は、世界有数の羽毛産地・ポーランドの羽毛を使用。寒暖差が激しい気候で半年以上もの飼育期間を経て大切に育てられたマザーグースは、温かさに直結する空気層が多く、しかも弾力性・かさ高性に優れ、高い保湿力が特徴。その良質な羽毛は、世界的に高く評価されている。そんなポーランド産マザーグースの羽毛を93%も使用したのが、この羽毛掛けふとん。これほど純度が高い羽毛掛けふとんはとても貴重だ。

 

さらには、より温かさをアップさせるために、羽毛を包み込む側生地(がわきじ)にもこだわっている。従来製品より3分の2の細さの糸を使用することで、ふとんと体の密着性が高まり、優しく包み込まれるような肌触りに仕上げられている。またキルトの数も増やし、従来製品よりも羽毛が片寄りにくくなったという。

 

羽毛ふとんなのに、家で洗濯できる!

羽毛ふとんをはじめ、ダウンジャケットなど「羽毛」が使用されている製品は基本的に自宅で選択できないのがネック。しかしこの『トップバリュ 洗える羽毛掛けふとん〈ポーランド産マザーグース93%〉』は、家庭で水洗いができるよう羽毛に撥水性を高めるテフロン加工が施されている。また、濡れても乾燥しやすいので、自宅で洗濯機洗い、手洗いが可能。シングルロングは家庭用洗濯機で洗えて(一部洗濯機のぞく)、セミダブルロング・ダブルロングは手洗いに対応。人は寝ている間にコップ1杯分以上の汗をかくといわれているので、毎日使うお布団だからこそ清潔に保ちたい。気になるお値段は、シングルロング税込64,584円~(税抜59,800~)。北海道から九州までのイオンなど480店舗にて、この秋から発売中。

ちなみに、お値段がよりお手頃な「トップバリュ 洗える羽毛掛けふとん〈フランス産ダック90%〉」も発売中。こちらはシングルロング税込32,184円~(29,800円~)。
ついに本格化した冬に、温かい羽毛掛けふとんで対抗しよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP