ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アデル 7週目の米ビルボード・シングル・チャート首位で自身の首位最長記録にタイ、ザ・ウィークエンドの新曲の新曲は何位にランクアップ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アデルの「ハロー」が、通算7週目の首位をマークし、自身の首位最長記録とタイになった今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 アルバム『25』の3週目の首位獲得と共に、通算7週のNo.1をマークした、アデルの「ハロー」。この記録は、2001年に自身初の首位獲得、そして同年の年間チャートNo.1に輝いた「ローリング・イン・ザ・ディープ」の保持する7週に並ぶ記録で、自身の首位最長記録とタイとなったことになる。また、アルバム『25』は、今週も週間セールスが70万枚を突破するすさまじい記録を更新中、登場3週目にして500万枚を突破するというのは、もちろん歴代最高記録であり、シングル、アルバム・チャートで大躍進を遂げている。

 ジャスティン・ビーバーの「ソーリー」は、アデルには及ばないものの、先週よりもポイントを伸ばして2位に停滞。また、ロングヒットを記録している「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」は4位に、3rdシングル「ラブ・ユアセルフ」は5位に上昇し、TOP5内に3曲を再び送り込んだ。アルバム『パーパス』も、この3曲のヒットを受けて好調、登場4週目にして、10万枚を超える週間セールスを記録している。

 先週TOP10入りを果たした、セレーナ・ゴメスの「セイム・オールド・ラブ」は9位に上昇。また、同曲が収録されたアルバム『リバイバル』から、3rdシングルとしてカットされた「ハンズ・トゥ・マイセルフ」が、今週77位に初登場し、今後ビデオのリリースなどがあれば、一気に上位へランクインすることが予想される。1stシングル「グッド・フォー・ユー」に続き、3曲連続のTOP10入りするなか、ジャスティン共に、セレーナも今年は絶好調だ。

 ザ・ウィークエンドの新曲「イン・ザ・ナイト」は、先週の37位から19位にジャンプアップ。11月17日からデジタル配信がスタートし、12月8日に公式ビデオがリリースされた。すでに500万回視聴を記録し、ストリーミング・ポイントの上昇を受けて、一気にTOP20入りを果たした。この曲が収録されている2ndアルバム『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』からは、これまで3曲がTOP3入りを果たし、内2曲は首位をマークしている。この曲で、連続記録更新なるか、今後の動向に注目だ。

 21位に初登場したのは、人気オーディション番組 『ザ・ヴォイス』のシーズン9で優勝した、ジョーダン・スミス。ややポッチャリ気味のメガネ男子ながら、その歌唱力は折り紙付きで、現在首位を独走する、アデルの名曲「セット・ファイア・トゥ・ザ・レイン」をそっくりに歌い上げ、会場を圧巻させた。今回ランクインを果たしたのは、クイーンの1976年のヒット曲「愛にすべてを」で、優勝に導いた曲でもある。シーズン9には、審査員としてファレル・ウィリアムスやマルーン5のアダム・レヴィーンも参加していて、彼の歌声に絶句するシーンが印象的だった。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、16日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

12月26日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
12月26日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
今年の【グラミー賞】にアデルが全くノミネートされてない理由

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP