体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

散歩してる犬の値段うっかり聞いてない?それってマナー違反かも

エンタメ

 犬を飼っていると、散歩している途中に意外と多くの人に声をかけられませんか?

「この仔、何歳?」
「男の子? 女の子?」
「どこから来たの?」

 そんな微笑ましい質問に答えつつ、散歩コースで顔馴染みの人が増えていくのは楽しいものです。しかし中には「その仔いくらしたの?」と突然犬の値段を聞いてくる人も。

【関連:生後三か月の愛犬が家の中から忽然と消える→発見時の姿に皆がほっこり】

散歩してる犬の値段うっかり聞いてない?

■1日に声をかけてくる人の7割に値段を聞かれる

 筆者は実家で飼っているトイプードルの散歩を頻繁にしていますが、この仔が小さいときからあまりの数の人が値段を聞いてくることに驚きを隠せませんでした。

 多いときでは声をかけてきてくれる人の実に7割に「いくらだった?」と聞かれます。一般的にトイプードルのお値段は20万円~50万円くらいで色や血統などでお値段が変化しますが「内緒です」とは答え辛く、「だいたいトイプードルは20万円から50万円くらいするみたいですね」とお茶を濁す感じで答えています。

 聞いてくる人に悪気はないのはわかっていますが、聞かれてあまり気分のいいものではありません。
 たしかにお金を出して購入した犬ではありますが、値段よりも一緒に過ごしている時間はお金には変えられない素晴らしさがあり「金額には変えられないものをこの仔からもらってるんですよ」と言いたくなるのを堪えています。

■どうして値段を聞かれるのか

 値段を聞いてくる人にはおそらく「可愛いから飼ってみたいけど、いくらくらいするんだろう?」という気持ちが一番大きく、加えて筆者がそんな問いかけをしやすい存在に映ったからなのかもしれません。実際、父が散歩していて聞かれたことは一度もないそうです。

 また、小型犬は寒い時期になると洋服を着せることが多く、トイプードルは毛が抜けない犬種なので1~2ヶ月に一度トリミングサロンでカットをしなければならず、カットされて毛並みが整えられたルックスがちょっとお高そうに見えるため「高そうに見えるけど、いくらするんだろう」と野次馬精神からつい聞いてしまったという可能性もあります。

■聞いてくる人の性別と年齢層などは

 まず同じように犬を散歩している人には聞かれたことがありませんが、散歩中ではないけれど「犬を飼っている」という人には、世間話の延長線でたまに聞かれることはあります。

 それ以外で聞いてくるのは小学校低学年の男女か、50代以上の女性と70代以上の男性に多く、逆に同世代である20~30代男女には声をかけられるものの値段については聞かれたことがありませんでした。
 小学校低学年の男女についてはほとんどの動機が「飼いたいと思っているので、どんなもんか聞いてみた」という無邪気なもので、こちらもあまり気にはなりません。

■ネット上でもちらほら見られるこの質問

 ネット上ではTwitterやYahoo!知恵袋、発言小町などでこの疑問に対する同様の書き込みがいくつも見られました。
 そして、どの質問・回答からも「犬の値段を聞くのは失礼」だという結論に。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会