体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

でんぱ組の「スマホ災難診断」記者会見 LINE LIVEで79万突破

 人気アイドルグループでんぱ組.incが出席しての、auスマートフォンコンテンツ「ぼくとわたしのスマホ災難診断」の記者発表が、12月15日に行われました。LINE LIVEを使った新しい試みもやるというので、誘われるがままホイホイ行ってきましたよ。

【関連:『千メモ!』コラボスペシャルイベントででんぱ組が新曲をライブお披露目!】

でんぱ組.inc

■第1回放送にもかかわらず79万人以上が視聴

 記者会見は「LINE LIVE」の新番組「きしゃかいけん」の第1回放送として配信されました。視聴者も番組に質問をよせ、画面越しに記者として参加できることができる仕組みです。

 今回は記者役のタレントさんが一列目を陣取り、後ろに本物の記者たちが控えるという段取り。ほぼ本物の会見に近い内容をエンタメ番組として放送しようというわけです。現場では番組中、普段の会見同様の光景がみられました。各記者がメモを取ったり、カメラを回したり。

「ぼくとわたしのスマホ災難診断」記者会見冒頭

 番組には前説コーナーもあり、当日記者役で参加した石田芳道さん(ドドん)、ハマカーンの浜谷健司さんと神田伸一郎さん、ワイドショーでおなじみの芸能レポーター・阿部祐二さんが盛り上げていました。

 前説開始直後には視聴1000人といわれていましたが、わずか3分ほどで一気に6万5千人、さらに本放送開始前には18万人にまで膨れ上がり、放送中には70万人を超えていたようです。最後確認したところ、最終視聴者数は79万2千人。でんぱ組.incの人気の高さはもちろん、このLINE LIVEの圧倒的勢いを感じます。

 LINE LIVEは12月10日にスタートしたばかりのサービス。しかし、初日の総視聴者数が500万人を突破するなど、コミュニケーションアプリ「LINE」の基盤を生かしたサービスとして、今最も注目されています。
今後、ネットのエンタメシーンはじめ、もしかしたらテレビの脅威になるかもしれないといわれており、それを体感したく参加してみましたが、確かに噂にたがわぬ「恐ろしい子」でした。

■診断結果の精度にメンバーもビックリ

 さて、記者会見の本題、でんぱ組.incが入場すると、auの期間限定コンテンツ「ぼくとわたしのスマホ災難診断」(2015年12月2日~12月28日)についてや、メンバー6人の診断結果がランキング形式で紹介されました。

「ぼくとわたしのスマホ災難診断」02

 番組最後では皆口々に「占い感覚」「ふつうの性格診断」と、楽しみながらできた様子を語っていましたが、それもそのはず「ディクラム診断」とよばれる、心理学と37万人の統計データをもとにした調査結果がベース。その上に「3大スマホ災害」と呼ばれる、紛失、破損、水没に遭いやすい人の日常行動の調査結果がかけあわせた診断サービスなのです。

「ぼくとわたしのスマホ災難診断」06

 診断結果はスマホ災害が基準ですが、よくみると精度の高い性格分析もあるので、メンバーも診断結果にはかなり興味深そうでした。
そして結果は、最初2位から5位が発表され、2位成瀬瑛美さん、3位夢眠ねむさん、4位相沢梨紗さん、5位藤咲彩音さん。

 相沢さんの診断結果には「理論性や協調性が高い」「人付き合いは悪くないが、やや暗いところがある」「周りが驚くタイミングでスマホを落として壊す」といったものがありましたが、ご本人も納得のようで「(京都に向かうための)東京駅でスマホを落としてしばらく気づかなかった」といったエピソードを披露。しかもその後3日ほどスマホなしで過ごしたそうです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy