ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさが来た』に武田鉄矢登場 『金八』以来の名台詞に期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の勢いは止まらない。12月4日は最高視聴率を更新する27.2%を記録し、国民的ドラマに化けつつある。今後登場する新キャストも発表され、意外なキャスティングが話題になってもいる。

 12月末から登場する新キャストとして注目を集めるのが、武田鉄矢である。役回りはなんと、『学問のすすめ』を著わし、慶應義塾を創設した「近代教育の祖」福沢諭吉。金八先生でおなじみの鉄矢節が、どのように諭吉役として炸裂するのか楽しみで仕方ない。

「キャスト発表のときに芸能記者の間で話題になったのは、『天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず』という福沢諭吉の名言を武田さんがいうシーンがあるのかということ。というのも、武田さんには金八先生時代に『人という字は人と人が支え合ってできている』という名セリフがあります。あのときの再現になるんじゃないかと」(スポーツ紙の芸能記者)

 あさのモデルとなった広岡浅子は、実業家として名をなしただけでなく、日本女子大学校(現・日本女子大学)を創立した教育者でもあった。福沢諭吉は、あさに教育者としての目覚めをもたらすキーパーソンと考えられている。目下の注目は二人が出会うシーンだ。番組制作関係者が明かす。

「このドラマの収録はほとんどがセットなのですが、一日だけ和歌山にロケに行きました。それが武田さん演じる福沢諭吉とあさが東京ですれ違うというシーンです。実は福沢諭吉は、アメリカで身体のために歩くのがいいという考え方を知り、散歩を日本で流行らせた人なんです。

 散歩中の福沢諭吉とあさがすれ違い、その後再会したときに“生涯心に残る言葉”をいわれる。その重要な出会いのシーンのために、明治維新のころの東京に似た雰囲気のある、和歌山のテーマパークに行ったんです」

 話を聞いた本誌記者は、さっそく和歌山に飛んだ。ロケ地は、JR和歌山駅から車で30分弱かかる人工島に作られた和歌山マリーナシティというリゾートアイランド。このなかにある「ポルトヨーロッパ」という伝統的なヨーロッパの町並みをイメージしたテーマパークが、明治期の東京に見立てられたという。

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
和歌山と縁がある藤原紀香 県産の農産物を手にしてニッコリ
『あさが来た』波瑠 タフになった成長ぶりにスタッフ舌巻く
NHK『あさが来た』 諸々配慮して妾の存在を隠し通す方針か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP