ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入閣待望の男性議員 「大臣になるには性転換するしかない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も毎年恒例の流行語大賞が話題になったが、永田町にも与野党の国会議員や秘書、国会職員たちの間だけで流行った独特の隠語、符牒がある。いわば「永田町裏流行語」だ。そこから3つのワードを紹介しよう。

 自民党総裁選で無投票再選された安倍晋三・首相は内閣改造を行なった。そこで入閣が取り沙汰されていたのがこの人だ。

◆「ともちん」
 稲田朋美・政調会長は安倍首相から「ともちん」と呼ばれ、後継者として目をかけられている。最近では安倍側近たちもそう呼ぶようになった。

 トレードマークはカラフルな眼鏡と網タイツ。永田町ではやっかみを込めて「稲田姫」あるいは「網タイツの女王」の異名もある。実はいずれも稲田氏の地元・福井の特産品で、ご本人にいわせると伊達眼鏡をかけて網タイツをはくのは「一億総活躍社会」の実践のためらしい。

「本当は視力はいいんです。今、18本眼鏡があります。福井は(国産眼鏡生産の)98%を占めていますが、なかなか発信されていないので、眼鏡をかけてふるさとの良さを発信したい。

『網タイツの女王』とか言われていますが、これも福井の素晴らしい経編の技術を注目してもらうためにはいているのです。自分の周りでこの国を良くするために何かできることを考えて担当するのが1億総活躍社会ではないかな」(産経ニュース11月30日付インタビュー)

 とことん安倍首相に「忠誠」を示すことを忘れない。

◆「一匹おばさん」
 脚光を浴びる「ともちん」とは対照的なのが野田聖子氏だ。総裁選出馬に意欲をみせたが、官邸・自民党執行部に猛烈な圧力をかけられて出馬断念に追い込まれた。直後の朝日新聞のインタビューで語った「私自身は無派閥の一匹おばさん」の言葉は政治記者や秘書たちの「涙」を誘った。

◆「モテキング」
 政治部記者の間でよく話題に上ったのが「モテキング」という言葉。国民的知名度はいまいちだが、飛ぶ鳥落とす勢いの茂木敏充・自民党選対委員長のことである。

「自民党は地方選で負けが込んでいるが、総理の覚えめでたい茂木氏は責任を問われるどころか力を強めている。キングのように態度が大きく、機嫌が悪いとわれわれの取材に『勉強不足だ』『何でお前らにしゃべらないといけないんだ』とキレる」(全国紙記者)というのがネーミングの由来だという。

 安倍首相は10月の内閣改造・党人事で稲田氏、茂木氏ら党4役と重要閣僚を留任させ、3人の女性閣僚を起用した。女性登用とお友だち重視で人事は停滞し、冷や飯組の入閣待望組男性議員からは「大臣になるには性転換するしかない」との声も聞かれる。

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画「どこの国の人?」
細川氏出馬宣言に自民党色の緑ネクタイで臨んだ小泉氏の真意
創価学会婦人部 女性遍歴が激しい舛添氏に反感と学会関係者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP