ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画界に激震! この冬、アトラクション感覚で楽しむ「4DX®」が全国の劇場で味わえる!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画の楽しみ方は人それぞれ。今話題の作品や目的の俳優見たさに劇場に足を運ぶ人もいれば、デートついでや仕事の合間に”おひとりさま”で鑑賞、なんて人もなかにはいると思います。もはや”人生の一部”ともいえる「映画」に、またひとつ楽しみ方が増えました!

このたび登場したのは、3Dを超えるという体感型アトラクションシアター「4DX(R)」。このシアターでは、まるで遊園地やテーマパークにあるアトラクションのような感覚で映画を楽しむことができるんです!

アトラクションのような感覚で映画を楽しめる4DX(撮影場所:ユナイテッド・シネマとしまえん)

4DX は、最新の上映システムが搭載された、次世代のアトラクションシアター。前後・左右・上下に大きく振動する「動く座席」のほか、シアターの中で「雨」や「雪」が降ったり、「風」や「シャボン玉」が吹いたり、「匂い」が放たれたりする演出が特徴。スクリーンに流れるストーリーと連動し、情景や状況などに合わせてさまざまな演出が起こり、さらなる躍動感を楽しめます。4DXでSF作品やホラー作品なんか観たら、(いい意味でも悪い意味でも)今まで以上に震えが止まりません!!  ちなみに水が掛かるのが嫌という人は、上映前に座席にあるボタンを押せば回避できます。安心してください、濡れませんよ!

4DXのシアターでは雪が降る演出も行われる(撮影場所:ユナイテッド・シネマとしまえん)

さてこの4DXが、12月2日にユナイテッド・シネマとしまえん(練馬区)に導入されました。そこで今回は、前日に実施された記者向け発表会で、その中身を体験してきました。発表会では、4DX専用の短編ムービー『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』の鑑賞が行われました。

同ムービーは、ホラーの鬼才・白石晃士さんが手掛けた作品。女子高生3人組が、悪い噂の絶えない廃校に忍び込んでさまざまな恐怖に立ち向かっていくストーリーです。3人がモンスター(?)などに追われるたび、シアターの席が揺れるわ、天井やサイドから水や泡が吹き出るわ、雨が降るわと、さまざまな演出を体感。内容はホラーなのでもちろん怖かったですが、鑑賞終了後は遊園地のアトラクションを乗り終えたときと同じ感覚を覚えました。

実はこの4DX、ユナイテッド・シネマ豊洲(江東区)・札幌(北海道札幌市)・前橋(群馬県前橋市)・春日部(埼玉県春日部市)にはすでに導入済み。さらに今月に入り、ユナイテッド・シネマ新潟(新潟県新潟市)・入間(埼玉県入間市)への導入が完了。11日にはユナイテッド・シネマ水戸(茨城県水戸市)、16日にはユナイテッド・シネマ牧方(大阪府牧方市)、18日にはユナイテッド・シネマキャナルシティ13(福岡県福岡市)とユナイテッド・シネマ橿原(奈良県橿原市)と、続々オープン予定となっています。

なお、これらの会場では、今月18日からこの冬もっとも注目の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の上映が開始されます。どうせ観るなら4DXで! 新しい映画の楽しみ方を味わいに、ぜひお近くの劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。「見る」映画から「体感」する映画へ。映画界の歴史的変化をいち早くその肌で感じてみてください!

(取材・撮影・文/小山田滝音)

■関連記事

巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ監督幻の傑作を、立川志らく氏が語り尽くす!
伝説のフォトグラファー、アントン・コービンが映画で描く〈カリスマスターと天才写真家〉の関係性とは!?
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』DAYにゼメキス監督が来日! 新作は伝説の綱渡り男

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP